« 年の瀬の風景 | トップページ | 賀正2008! »

年の瀬の芹が谷公園

1ヶ月ほど前に「アスペアと町田」ブログで紹介しました(http://aspire.way-nifty.com/machida/2007/11/post_6125.html)が、小田急町田駅・北口から東に10分余り歩くと、自然豊かな芹が谷公園に達します。 今回は、最も北側の入り口から入ってみました。  入り口脇に「母恵丘神社」(もちおじんじゃ)なる、小さな神社がありました。  以前に入った入り口には何の表示も有りませんでしたが、ここにはちゃんと「芹が谷公園」の表記があります。

常緑樹も多いですが、落葉樹のエリアはもうすっかり冬化粧でした。 落ち葉のじゅうたんも見事で、優しくガサガサと鳴る厚みと柔らかさが心地良いです。  遊歩道脇の丸太の断面には、驚くほどのドングリが集まっていました。

公園のほぼ東の端に沿って、湧き水が流れています。 ほとんど枯葉に埋もれるような状態でしたが、ちろちろと水音をさせています。
Pict1750 Pict1751 Pict1752 Pict1755 Pict1756 Pict1758 Pict1759 Pict1760

|

« 年の瀬の風景 | トップページ | 賀正2008! »

町田という街」カテゴリの記事