« 靴専科!? | トップページ | 熱血して食った!(=続編) »

まじめにBOOK-OFF!?

「本を買う」ってのは、「その本を所有したい(持ち続けたい)」、或いは「書き込んでしまうので破棄するか保存するしかない」場合と「読みたいだけ」(読んだ後の本は邪魔。大して汚れていない)の場合が有ると思います。
書籍は様々な価値とコストを伴ってますが、「ただ通読するだけ」だと、その様々な価値までは享受できない。  「通読する」という価値だけを購入したい人には、それが提供されるべきなんですね。 それが今までは不自由だった。

BOOK-OFFは、ただ安く中古本を売っているのではない。 書籍という媒体に載った情報サービスを提供しているのだと認識できました。  購入代金と売却収入との差額がサービス代金、ってことですね。
これを公に明確に謳ってしまうと出版業界の反発を買うので黙ってますが、経営サイドの本音も、一般消費者の利用実態も明らかにこうでしょう。

書籍という媒体(に載った情報)の魅力は未だに高い。 ただ、消費者を消費の末端として捕らえてしまうと市場は縮退状態にある。 消費者自身も流通(回転)の一過程と捕らえれば、書籍も決して人気の無い媒体ではない、という事なのでしょうね。
BOOK-OFFという組織の成長と、実際に店(町田店)に入ってメチャ混雑している状態を見ると、そんな気がしてきます。
「本を売る」(一般消費者が何かを売る)事に対しての抵抗感が無くなって来た、ってのも大きな誘因のような気もします。 この辺はインターネットの影響も少なくないような...。
中古書籍という、真新しさの乏しい印象を受ける商品を扱ってはいますが、BOOK-OFFってのは時代を背景に成長すべくして成長してきた企業:ビジネスモデルなんでしょうね。

|

« 靴専科!? | トップページ | 熱血して食った!(=続編) »

硬めの話し」カテゴリの記事