« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の記事

実録:蕎麦屋編「石の森」

以前に紹介したお蕎麦屋さん(http://aspire.way-nifty.com/majime/2008/01/post_ea9d.html)、お昼の時間帯を挟んだ外出のついでに足を運んでみました。
「にしんそば」ののぼりが出てます。 う~ん、旨そう! 14:30を過ぎていたので客は私だけでした。  「にしんそば」、「さくらそば」色々と惹かれますが、先ずは基本の「せいろう」?、いや、「いなか」が有る!  「手打ちいなか」の大盛りにしました(950円。普通盛りは750円)。
店内は、まあ普通でしょうか。 清潔で、悪い印象は有りません。
出て来た蕎麦は太打ちで薄茶色、ドアップの写真はボケちゃいましたが。 ここの蕎麦は二八だそうです。 太打ちの蕎麦はしっかり噛んだ方が風味が出ます。  ......うん、悪くない。 もの凄い!って印象は無いけれど。 つゆは大人しい感じかな。 じっくり寝かせて濃い感じですが、辛過ぎないように調整してあるのかな。 湯桶の湯で割っても旨みが弱まりません。 ワサビも本ワサビです。 街なかで普通に食べられる蕎麦屋としては、悪くないと思います(勿論主観ですが)。
日本酒の種類が割りと多いですね。 料理もいろいろと有りますし、蕎麦を手繰りながら飲むのに良さそうです。
ご馳走様でした!
Pict1911 Pict1912 Pict1915 Pict1916 Pict1917

|

(注意書き:プロフィール)

このブログは「ココログ(Pro)」を利用していますが、複数のブログを作れてもプロファイルは1つしか登録できないんですね...。 社長ブログも併設するようになったので(記事書き込みは未だですが)プロフィールも社長のものに置き換えてしまいました。  ですが、このブログの書き込みは、少なくとも現時点までの全ては弊社社長とは別人が行っています!
「ここの会社の社長は、こんなアホなもの書いとんのか?」と、このブログを見て思われると困りますので。 (そもそも、プロフィールなんて見てなかった、という方はそれでも結構ですけれど...)

|

熱血して食った!(=続編)

以前に紹介した「熱血食堂すわ」(http://aspire.way-nifty.com/majime/2008/01/post_7df9.html)に、風邪が治らないで難儀している部長が麻婆麺を食べに行って来ました。  辛さで風邪をぶっ飛ばそう!、という気分になったとのこと。  結果、風邪はぶっ飛びはしませんでしたが、麻婆麺そのものはかなり美味しかったとのこと。  携帯で写真を撮って来てくれましたが、麺が熱々の為かモワ~ッと全面が白くなってますね。
事務所に帰ってきてからも、暫くは「暑い、暑い」を連発してました。
P1000002

|

まじめにBOOK-OFF!?

「本を買う」ってのは、「その本を所有したい(持ち続けたい)」、或いは「書き込んでしまうので破棄するか保存するしかない」場合と「読みたいだけ」(読んだ後の本は邪魔。大して汚れていない)の場合が有ると思います。
書籍は様々な価値とコストを伴ってますが、「ただ通読するだけ」だと、その様々な価値までは享受できない。  「通読する」という価値だけを購入したい人には、それが提供されるべきなんですね。 それが今までは不自由だった。

BOOK-OFFは、ただ安く中古本を売っているのではない。 書籍という媒体に載った情報サービスを提供しているのだと認識できました。  購入代金と売却収入との差額がサービス代金、ってことですね。
これを公に明確に謳ってしまうと出版業界の反発を買うので黙ってますが、経営サイドの本音も、一般消費者の利用実態も明らかにこうでしょう。

書籍という媒体(に載った情報)の魅力は未だに高い。 ただ、消費者を消費の末端として捕らえてしまうと市場は縮退状態にある。 消費者自身も流通(回転)の一過程と捕らえれば、書籍も決して人気の無い媒体ではない、という事なのでしょうね。
BOOK-OFFという組織の成長と、実際に店(町田店)に入ってメチャ混雑している状態を見ると、そんな気がしてきます。
「本を売る」(一般消費者が何かを売る)事に対しての抵抗感が無くなって来た、ってのも大きな誘因のような気もします。 この辺はインターネットの影響も少なくないような...。
中古書籍という、真新しさの乏しい印象を受ける商品を扱ってはいますが、BOOK-OFFってのは時代を背景に成長すべくして成長してきた企業:ビジネスモデルなんでしょうね。

|

靴専科!?

たまたまテレビ「ぶらり途中下車の旅」で紹介されていたんですが、「靴専科」というお店、チェーン店でしょうか?、日本全国に40店舗以上有るんですね。要は革製品の洗浄、改修、改造など幅広く手がけているお店です。  それが、事務所の隣ビルの1階に入ってたんですね。  キレイで暖かい印象のお店だな~とは思っていましたが、まさかこんなに近くに存在しているとは認識してませんでした。  以前の「高島易断」(http://aspire.way-nifty.com/majime/2008/01/post_0cdc.html)の時といい、やっぱり私の目は節穴?
自宅でこの話をしたら、早速カミさんに20年以上使い込んだミニバッグの直しを頼まれてしまいました...。
Pict1905

|

冠雪の峰々

オフィスのあるビル(5階)から外を眺めると、周辺のビルの頭越しに山々が見通せます。 先日の雪の日以来、峰が冠雪してちょっとキレイです。 望遠で撮りましたが、未だ遠いですね。 先日、用向きで本厚木(町田よりも小田急線沿いでもう少し西:山側)に行きましたが、さすがに山が近かったですね。
この写真は今日撮ったので曇ってます。  本当は晴天の朝一番に撮ると、結構キレイなんですが...(その度にカメラを忘れた事は秘密です...?)。
P1010051

|

定例会(1/25)おまけ

先日紹介した男性社員(http://aspire.way-nifty.com/majime/2008/01/post_fcbc.html)、お子さん(第2子:男の子)の誕生に伴って、衆目の前で社長からお祝い金を手渡しました。  「どうもです。2人目なんで感動無いです」とか思いっきり発言してましたが、照れ隠しだろうと思います。  5~6年前のアスペアは子持ちが絶対少数だったのですが、ここ数年で大分増えて来ましたね。  平均年齢はそれほど上がっていないんですが。
P1010049

|

定例会(2008/01/25)

2008/01/25の定例会紹介です。

・16:00 ・ 16:25 (25) 社長からの話
・16:25 ・ 16:45 (15) 中途入社者の紹介
・--:-- ・ --:-- (--) マーケッティング活動概説
・16:45 ・ 16:50 (05) 業務連絡等 [業務推進部、他]
・16:50 ・ 17:05 (15) 5分間スピーチ [Min]
・17:05 ・ 17:20 (15) IT-Tips [Kin]
・17:20 ・ 17:30 (10) プロジェクト状況相互フォロー
・17:30 ・ 17:50 (20) 開発開始・終了報告
・17:50 ・ 17:55 (05) 振り返り
---------------------------------------
・18:05 ・ 19:35 (90) 勉強会「Teeda入門」 [Min]
・19:35 ・ 19:40 (05) 振り返り

社長からの話は、つい先日行った「ITビジネス経営塾」の結果報告など。 未だスタートしてから間が無く、マネージメント層と業務推進部、ごく一部の社員しか内容を知りません。  別に秘密という訳では無いのですが、情報共有するだけの余裕が無かったと言った方が実態に合っているかも...。  時間が押してしまい、コンテンツが1つ先送りになってしまいました。

開発(終了)報告が1つ。 システムのマイグレーションのケース。 OSから各種ミドル、RDBMS、ライブラリなど、アプリ以外の汎用部分の全てを大幅なバージョンアップを行い、ユーザーからは何も変わっていないように見せよう・利用して頂こうというプロジェクトでした。  実務リーダーを勤めたMuさん(つい先日、Oracle社の取材を受けたばかりの女性)の苦労話と各種ナレッジ、何より自身を支え続けた精神力に関して改めて知るところとなりました。  改めてご苦労様でした。

勉強会は「Teeda」。 Seasar2のJSF実装で、簡単な機能をハンズオン実装してみることで、入門&実感してみようという回でした。  やはり90分では厳しいですが、勉強会の枠だけで完結させようってのは元々無理です。  立ち上がりのきっかけだけでも共有できれば良しとしましょう。
Pict1897 Pict1900 Pict1901 Pict1903 Pict1904

|

ハイオク?

ガソリンの話じゃありません。  前に紹介した「熱血食堂すわ」より、JR町田駅・北口側に50mほど歩いた辺りでしょうか。  木造1階建ての廃屋?(誰か住んでたら御免なさい)が、何とビルが林立する大通り沿いに有ります。  写真では分かり難いのですが、瓦屋根が見えてますね。  時代という地層の歪みを見てしまったような戸惑いを感じます。
Pict1841

|

「Oracle通信」の取材:本編

1/25(金)-10:45、予定よりちょっと遅れて「Oracle通信」の取材(http://aspire.way-nifty.com/majime/2008/01/oracle_e337.html)の方達が来社されました。 Wendy、確かにでかいです! Webサイトでは28kgと紹介されていたような気がするのですが、32kgだそうです(ちなみに5歳の女の子)。  エレベーターから巨大な毛の塊が降りて来て、ぶわあ~っと入って来たと思ったら、ベロンベロン顔中舐められました。  こちらも負けずに、ハグッと抱いてワシワシしてやりましたよ、ええ。
肉球もでかいです。 ふにふにです。 気持ち良いです。

さて、撮影の段になったら、トレーナーの方かマネージャさんか分かりませんが、Wendyの髪の毛(?)や体毛を整えてました。 モデルさん並ですな!
カメラマンさんの立ち位置指定にも、大人しく、お利口に従います。 座ったままの姿勢でちょっとずつ後ずさりしたのにはビックリしました。

そう言えば、全然鳴きませんでしたね。 さすがは大型犬です。  でも、カメラマンさんがボソッと呟きました。 「今日のWendyは大人しいねえ...」、いつもはどうなんだ?、え?、Wendyさんよお!?
一通りエントランスでの集合写真が撮り終わったら、どで~んと横たわって甘ったれポーズ?  横っ腹とか足の付け根部分を掻いてあげたら、まあ!大変。  後ろ足を自転車こぎ状態にブンブン回して、「もっと掻いて~」状態に!  余りに面白かったので動画も撮っちゃいました。  10MB位有りますが、アップしておきます(QuickTimeムービーです)。
いやあ~面白かった。 あ?、Oracle通信の何月号に載るんだろうか?  多分3月号辺りじゃないかと思いますが...。 取材されたのは、グレーのスーツを着た小柄の女性(Muさん)です。  お疲れ様でした!
Pict1874 Pict1877 Pict1879 Pict1880 Pict1884 Pict1886 「PICT1894.LZH」をダウンロード

|

熱血して食えっ!

JR沿いの大通りに沿って、町田駅の北口を出て南に向かい200m程行った所に、「熱血食堂すわ」が有ります。  分類的には中華料理ですね。  ネット上に評価記事が有りましたが、「普通に旨い」そうですな。  これは今風の表現なんでしょうか?、つまりは「結構美味しい!」ってこと?  わっかんねえ~~っ!?
表から見るとこれだけ(写真)です。  でも、私が歩いているだけでフッと気が付いたので、訴求力は十分だと思います。  美味しいかどうかは、熱血して自分で確かめろっ!!!?
Pict1840

|

「ITビジネス経営塾」第一回終了

船井総合研究所の方を招いてのセミナーでしたが、このような公開セミナーを開催し、参加者を公募したのはアスペアでは今回が初めてです!  船井総研の方は名前も実績も有りますが、如何せんアスペアの名前は、残念ながら決してメジャーとは言えません。  いろいろなメディア・方法で参加者を募りましたが、初回としては12名の方に出席戴くのがやっとでした。
しかし、寒風吹きすさぶ中(前日は雪でしたし)、1名の欠席のみで出席戴けたので一安心でした。
コンサルタントの方のセッションはさすがです!  出席された参加者の方達の相互の小さなディスカッションを挟みながら、時間が経つにつれてどんどん引き込んでいきます。  参加者は社長さんか、或いは近い位置の経営側の方が殆どなので、参加者同士のディスカッションに入ると熱が入って中々止まらなくなります。
第二回目以降で、今回のような充実したセッションが開けるだろうか?  う~む、基準が高くなってしまいました...。

今回のセミナーではアスペアの新サービス:mobapp(モバップ:http://www.mobapp.jp/)(モバイル・サイトを開き・運用する為のASPサービスと、開設・運用支援サービス)の概略発表も行いました。 ホテルの無線LANが遅くて微妙にドキドキしましたが..。

今までにパッケージソフトウェアを自社開発・販売したことは有りますが、10年以上前にWeb特化してからは自社ブランドを展開するのは初めてとなります。 全ては踏み出したばかり!  ですが、先ずはどうにかこうにか第一歩を踏み出せたことを喜びたいと思っています。
P1010007 P1010048

|

おむすび喫茶

おむすび喫茶、「おむ茶房」。 最初は、看板の表示をどう読めば良いのだろう?、と悩んでしまいました。  チェーン店でもないようですが、しっかりしたキレイなWebサイトを持ってますね(http://omusabou.main.jp/)。
とても可愛らしいお店(大きさ)なので、「中に入ってゆったり落ち着く」ことを期待して入るのは場違いのようです。  おむすびは勿論、飲み物もいろいろと有るようで、メニュー選びに迷いそうですね。
Pict1808 Pict1809

|

「ITビジネス経営塾」!?

今日(1/24)は、アスペア主催の「ITビジネス経営塾」の第一回目が町田にて実施されます。 会場としては、すぐ傍にあるホテルヴィラ町田の会議室・宴会場を借りました。
17:00受付開始、17:30セミナー開始です。 現在は16:40。  私もそろそろ会場に向かいます。 これに関しては、何を書いて良いものやら・拙いやら、妙に気を使うのでこれまで何も触れずに来ました。
終了後の明日には何らかのレポートをしたいと思っています...。 それでは、行って来ます!

|

豚も走る店!?

東急裏手の繁華街の南端辺りに有ります、餃子点心の店舗。 豚饅、餃子、炒飯、麻婆豆腐、中華の四天王と言っても良さそうな肝心どころをキュッと押さえてます!  壁面で、ブタが何やら歓喜の表情でトン走してます。 その背後には何故か後光が射しています!  一体何処へ向かうというのでしょうか!?
テイクアウトOKってのが嬉しいですなあ。
Pict1839

|

(せこむ)

先に紹介した「サウスフロントタワー町田」の南側にセコムのショップが有りました。 「ココセコム」、お世話になってます(家族が)。
Pict1838 Pict1855

|

昔のお隣さん...

JR町田駅北口・真正面の道を突き当りまで進み、200mほど左に向かった辺りに、以前事務所を構えていたビルが有ります。  で、その隣には空き地が...。 以前はリンガーハットが建っていた場所ですが、客数が少なくて潰れてしまいました(駅からは余りに遠過ぎますから...)。
いつまでも工事が始まらないなあ、と思っていたのですが、今日訪れてみたら基礎工事を始めていました。 地上15階建てのマンションが出来るんですね。 こんな寒い時期から着工しなくても良さそうなものを...(余計なお世話ですが)。
Pict1848 Pict1849

|

雪の芹が谷公園

14:30、町田は雪から雨に変わっています。 予報と一致してますし、雪は少しづつ溶けて行くでしょう。  土の上、屋根の上などの雪が数日溶け残るだろうと思います。
午前中に歩き回ったときに、以前にも2回に分けて紹介した芹が谷公園に
http://aspire.way-nifty.com/machida/2007/11/post_6125.html
http://aspire.way-nifty.com/majime/2007/12/post_e8b5.html
行ってみました。  入口の母智鬼(もちお)神社、園内も趣が変わって静まり返っています。 モノトーン一色の世界ですね...。  色を失うと、ただでさえ広い公園がなおさらに深遠にみえます。
Pict1850 Pict1851 Pict1852 Pict1853 Pict1854

|

「あなどりますか?」

朝一番、9時前に町田駅に到着して(2分ほど小田急線が遅れましたが)、降りて早々に携帯で写真を撮っておきました。 でも、シャッター速度が遅いせいか、雪の粒が良く見えません。  「ボツだな...」と思っていたら、中央の電光サインに「あなどれません。町田」の表示が。  え?なに??
080123_085708

|

雪やこんこ(2008)

予報で「雪です」と言われながら、地域により全然降らなかったり、明け方に知らぬ間にちょびっと降ったり...。  「なにを生ぬるいことをやっとるかあ!」とばかりに、しっかり降り出しました。  「朝方だけ雪で、その後は雨」のような予報もありましたが、11時現在でもしっかり雪のままですね。
少し写真を載せます。 雪国の人からは「今更そんなもの見たくない!」という声が聞こえそうですが。  積もってからの外出はさすがに危険を感じたので、未だ積もらない内に出歩いて撮影してきました。  東京では、積もるほど雪が降るのは珍しくなってしまいましたね。
先日紹介した角地にある花屋さん(http://aspire.way-nifty.com/majime/2008/01/post_6056.html)も、時刻が早いせいか開いてません。 或いは店仕舞いかな?  当然ながら歩道橋にも積もり始めてます。 雪道歩行モードに切り替えて歩くことにしました(真上から、かかとから着地。進むときも蹴り出さない)。
こんな日は、昔の悪夢を思い出します...(http://aspire.way-nifty.com/majime/2008/01/post_1a73.html)。
Pict1843 Pict1845 Pict1847

|

命名は男性か?:「ちょっ蔵」

これも先に紹介した「サウスフロントタワー町田」の、北側傍にある飲み屋さんです。 読み方は言うまでも無いですね、「ちょっくら」です。 こういう店名って、やっぱり男性が考えて付けてるんでしょうねえ...。  「支度中」の看板にも、しつこくダジャレてます。  ここまで来ると、仕方が無いから入ってやるか、って気持ちになるのかも知れませんね。
さすがにお酒の、特に焼酎の種類が豊富なようです。 写真では縮小の時点で潰れてしまいましたが、泡盛も含まれているみたいですね。 個人的には「くら」が有れば嬉しいです!
Pict1828 Pict1830 Pict1829

|

NEW YORKERS Cafe

直前に紹介した「サウスフロントタワー町田」の1階に入ってます。
知らない店名でしたが、都内のみで10店舗以上有るんですね。 とてもキレイな店舗です。  それにしても、「チリドック」ってそんなに珍しいかな?  材料や味付けが余程違うんだろうか?
Pict1836 Pict1837

|

町田の高層ビル

町田には20階を越えるビルというのは殆ど有りません。 正確には、「町田駅周辺には無い」と言うべきでしょうか。  で、事務所周辺で一番高い建物は何か?と言うと.....「サウスフロントタワー町田」です!
JR町田駅・北口を出て右を見れば、嫌でも視界に入ります。

正しくは、単なるビル建造ではなく地域開発として計画され、町田市の施設や商業施設も統合された小さな町、と言った方が良いのかも知れません。  銀行や証券会社、書店、貸し会議室、レストラン、喫茶店、かつら屋さんまで入ってますね。 数階から上は全て住居区画です。
それにしても何階建てなんでしょう?  住居区域の方にはさすがに足を踏み入れませんでしたので、よく分かりません。 外見からすると、軽く30階は有るように見えるんですが...。
Pict1824 Pict1825 Pict1831 Pict1832

|

旨いラーメン!?

旨いかどうかは個人の好みだとは思いますが...。
小田急新宿駅より新宿寄りの、小田急線沿いに有ります。 「風来房」と書いて「ふうらいふぁん」と読ませるんですね。 ネット上を検索しても紹介ページが幾つか出てきますが、本当にファンが多いようです。
個人的には「蕎麦」は好きでも「ラーメン」は今一つなので、多分行かないでしょうが...。  内装も外見と同じような仕上げらしく、雰囲気も良いそうです。  ちなみに、となりはイタリアンです。 2階も洋食でした。
Pict1816

|

空気環境って難しい!

風邪が猛威を振るってます!  インフルエンザじゃありません! 客先に行ったりした際に他社の話を伺っても同様ですね。  このところ寒くなったせいもあるのでしょうが、本当に快適な空調ってのは難しいですね...。
今の事務所に入ってから、冬を過ごすのは初めてです。 今までの事務所では、湿度の制御が行われていることは有りませんでした。 冬の乾燥は非常に厳しかった...、複数台の加湿器を運転して凌いできました。 今の事務所では、自動で加湿されると聞いていました。 「素晴らしい!、これで社員が不毛な風邪に倒れる率が大分下がるぞ!」
期待も束の間、冬になってみると室内の空気が大変乾燥します。 「?????」  ビルの管理会社に確認したところ、「加温の運転動作中に、設定湿度に達していないと加湿する」という仕様なんだそうな。  つまり、早々に設定温度に達してしまったら、設定湿度に達していなくても加湿が止まってしまうということです!?  ダメじゃん!!!

結局、前の事務所で使っていた加湿器が未だに稼動しているという有様です。 大きなオフィス空間の空気を健康維持に望ましい状態に調整するのって、難しい事なんでしょうかね?!  確かに、加湿し過ぎて様々な問題に至るのが怖い、ってことは有りそうな気はしますが(キレイな水で加湿出来るものなのか?っていう疑問も有りますし)...。

|

極小立体の迷宮

直前に紹介した「GOOD ROCKIN」と、大通りを挟んだ反対側の歩道沿いに有ります。  写真では全部写りきっていないのですが、この左側に未だお店が・入口が・ディスプレイが有ります。 勿論、同じ建物の一角にです!
階段の上り口らしき物も見えます。 中はどんな構成になってるんだろう?  こんなに1つの建物に詰め込んで、それぞれが独立してお店として成り立つんだろうか?  何だか「特盛りごちゃ混ぜ丼」のようなお徳感を感じてしまうのは何故なんでしょうか?
Pict1823

|

GOOD ROCKIN

これもJR町田駅北口前の大通り沿い、400mばかり行ったところでしょうか。 歩道のど真ん中にオシャレな骸骨の看板が、しかもピンクのバックです! 矢印の方向に脇道を入ってみると、オシャレ系のお店が有ります。  もちろん、利用したこと有りません! 自分には場違い過ぎて入れないです。 ピンクと黒と白、凄いなあ...
このお店も3年以上前から見掛けるので、早々潰れることは無さそうですね。
Pict1822 Pict1821

|

寒いですねえ...

この1週間ばかり、結構寒いです。  と言っても、30年以上前なら、これでも多少暖かい日として認識されそうな気温だとは思いますが。
JR町田駅・北口から大通りを500m程進み、北側の細道に入り込んだ辺りに公園が有ります。 普通は小さな公園にでも何らかの名前が付いているものだと思いますが、ここには何の表示も有りません!  地図上にも記載が有りませんね。  町田、おおらかです。
実は直前の事務所がこれより更に東側に有ったので、以前はこの公園の前を毎日通りかかっていました。  通り沿いに大きな樹が2本。  実はこれ、桜の樹です。  春になると、結構見事な花をつけます!  近隣の企業からお花見に来てたりしますね。
当然ながら、今は葉の1枚すら有りません。  帰宅の時間帯によっては、枝々の間からシリウスを見ることが出来ます。 これはこれで楽しいような...。
Pict1817 Pict1818

|

奥の細道:袋小路編

これも小田急線の線路沿いなんですが、こんな景色が見られるんですねえ...。 完全に袋小路です! どん詰まりに「バレエ・スクール」と「(病院マーク:しかも青い)」。  病院の名前も出てません。 バレエの方も、「スタジオ・バリエ」ですね。 何??
奥に入っていくと病院の玄関らしき入口と、各科目の表示が見られます。 「新原町田クリニックビル」なんですね。  で、その横を見ると、向こうは外の空間みたいです.....ビルの敷地を抜けて、向こうの細道に抜けられるって事でしょうか?  不審者と間違えられても困るので、そこまでは踏み込めませんでした。 無念です。
Pict1813 Pict1814 Pict1815

|

いいモバイル

去年の暮にネットワーク系のインフラサービス会社の営業さんが来社されました。 その本業に対して「お客さん」になることは出来なかったのですが、営業ツールの1つとして「イーモバイル」を担いでおられました。
あと数日に迫ったキャンペーン期間終了、端末自体の料金が無料になります! おまけにサンプル品を貸し出してくれるとのこと!? PHSのデータカード&モバイルPCを使っている3名が飛び付きました!

3.6Mbpsのカードでも速い速い! 通信エリア的にはDoCoMoに乗り入れるとの事ですし、仕事で非通信エリアに出向くことは殆ど見込まれません。  「W社やばいよ、これ!?」。  サンプル品を返却するその日、イーモバイルを3件契約したことは言うまでも有りません。

営業さんに聞いたところ、数百件まとめて契約を切り替えるお客さんもいるとのこと。 確かに、携帯やPHSでフルブラウズするだけで、あっと言う間に数百~千円かかるような現状。 最低でもPDAからPCを持ち歩くような人には、他の選択肢は有り得ない代物ですよね!?

|

蕎麦屋:その2

JR町田駅・北口の真正面の大通りを突き当たるまで数百メートル進み、北側に1本路地を入った辺りに、その蕎麦屋は有ります。 「石の森」。 風情としては、「普通のお宅」ですね。
でも、メニューが良いです。 「手打ちいなかそば:750円」。 蕎麦の実の外皮を混ぜて風味の強いそば、太打ちの場合が多いですね。  確か、このお店は最低でも3年は存在してます。 いなかそばで750円取って営業できているならGoodです!
変わりそばも出してますね。 「さくらそば」、良さそうです! 今度試しに食べてみたいと思います!!
Pict1819 Pict1820

|

角地の花屋さん

小田急線沿いに並行して細い道路がありますが、その通り沿い、かつ踏み切りの近くにその花屋さんは有ります。  鋭角な角地に、所狭しと花々が並んでいます。 以前にも別の場所にある、やはり同様に角地の(こちらは90度ですが)お花屋さんを紹介したことが有ります(http://aspire.way-nifty.com/machida/2007/12/post_82d6.html)が、角地ってのは視界の変化点なので、そこが花屋のような柔らかい印象の景色になっていると心が和みますね。 若い女性の店員さんが、忙しそうに働いてました。
Pict1812

|

男性の産休...

社内に35歳の男性社員がいますが、昨年末の12月半ばに奥さんが出産しました。 客先常駐で開発業務を行っていましたが、職務規定に従い3日間の産休を取りました。  アスペアからは3名でチーム参画していますが、産休中は残り2名でタスクの消化を進めていました。  元々が様々なリスクのコントロールが出来ている状態でしたので、フォロー稼動の間も特に過剰な残業が発生するということも無く、産休明けで復帰しました。

この業界だと、下手をすると子供の出産にさえも立ち会えない、なんて事も有るようですが、アスペアでは男性社員も着実に&当然のこととして産休を取っています。

|

BOOK-OFF中古劇場?!

小田急線の線路の南側、JRに並行してメインストリートが有りますが、更に並行して繁華街通りがあります。  以前に紹介したBOOK-OFF(http://aspire.way-nifty.com/machida/2007/11/bookoff_d199.html)より更に南に下ったところに、「BOOK-OFF中古劇場」なる店が有ります。
要は、「BOOK」だけじゃなく、その他いろいろの中古品を取り扱うお店ということです。  服飾品、デジタル家電、アクセサリー、楽器などなど。  特にデジタル家電に関しては「HARD-OFF」なる名前が付いているようです。
BOOK-OFF店に比べると小さいですが、「小さい」と言っても普通の広さです(つまり、町田のBOOK-OFFがでか過ぎる...)。
2階が女性の服飾品中古ですが、おばちゃんの姿が1人だけ見えました。 デジタル家電のフロア(3階)も、お客さんは自分を除いて2人程度と閑散としてます。 15時頃でしたから、丁度空く時間だったのかも知れません。
Pict1833 Pict1834 Pict1835

|

コロッケ大将

2007年末の打上げのときに、分散した買出し部隊がやたらと油物を買ってきてエライ目に会いました(http://aspire.way-nifty.com/majime/2007/12/2007_0a9e.html)が、その時に買い物をしたお店でしょう。  見掛けからしてチェーン店かと思いましたが、この店舗だけの有限会社みたいですね。  若い男性社員には人気店のようです。 小田急線の北側、新宿寄りの繁華街に位置しています。
近くで写真を撮ろうと接近しましたが、何処に窓があって、人がいるのか?いないのか?よく分かりません。  念の為横から撮影しましたが、いきなり大きな自動音声で「いらっしゃいませ!、本日のコロッケ大将、xxx.....」。  まごまごしていたら、店員さんが姿を見せるところだったんでしょうね。  ディスプレイを目一杯にして、視界が悪くなる点はハイテク(?!)でフォローする。 う~ん、コロッケ大将、侮れません!
Pict1810 Pict1811

|

協力会社との協調...

この話題に触れるのは非常に難しく対外的にも微妙なので、これまで避けて来ました。 しかし、このところ改めて強く感じる部分でもあるので、少し触れておきたいと思います。
アスペアでは、殆ど外注化をしていません。 ポリシーとして行っていないと言うよりは、①出せる相手がいない(見つからない)、②出す余裕が無い、の2パターンだと認識しています。
①の「相手がいない」は、アスペアはどうしても技術分野的に特化して来ているので、一応はそれなりに総合的な水準は相対的に上がっていると思います。 すると、出す相手にも相応のレベルが無いとお願いできない(例えば、単純な例としてはUML表記の設計文書を読める技術者というのが、未だに意外なほど少ないです)。 で、依頼できるレベルの人・その所属会社というのは、依頼できるレベルの金額では発注出来なくなってしまう事が多いんですね。

勿論、これは我々の力不足もあります。 IT投資に積極的な顧客と直接契約を結び、より大きな規模・或いはより多くの顧客から受注すれば良いのですが、そこまでは達していません。
また、人材への能力依存性を回避するようなフレームワークやツール、開発手法を整え・適用するという点でも、前述の問題の解消という点では不十分です。  結果、外部に依頼できるとしても、アスペアの元社員でフリーとして動いている人に依頼する程度となってしまっています。

それと②の「出す余裕が無い」。  「エンドユーザー指向」を進めてはいますが未だ道半ばです。 どうしてもSI会社等からの受注も並行していかなければなりません。 案件の数という点では豊富になって来ていると思いますが、条件面では低い水準のまま安定してしまった感が有ります。 発注側は、必要な業務や工程に関する「経験者」を求める。 まあ、当然でしょう。 しかし、二次発注出来るだけの価格設定をして戴けないケースが大半です。  質を云々する以前に、先ずはカタログスペックとして「経験している」人を確保するだけで予算枠が無くなる。

別のお話として、「アスペアは残業体質ではない」点を繰り返し述べた事が有りますが、つまりは「同じシステムでも相対的に安く構築できる」ということです。 これを理解して戴ける、実績を見て頂き、評価して戴くようにし、契約の条件を(お互いにとって良い意味で)最適化する必要が有ると考えます。
この点を実現し、かつ先に述べた現状での課題を改善していけば、残業体質を持たないまま協力会社からの支援幅を増やしていくことが出来るはずです。

|

蕎麦屋:その1

街なかをあても無く歩き回って、蕎麦屋を見付けました。 市役所側に向かう途中です。
かく言う私は、実は結構蕎麦好きです!
都内を中心にではありますが、50件以上は回りましたです、ハイ。 でも、知識は無いです、はいはい。  「旨い蕎麦屋を見つけるコツ」なんてのは良くは知りませんが、1つには値段が基準になると思いますです。 この蕎麦屋は建物が古くは無さそうなので微妙ですが、長く営業していそうで値段が高めなら、「旨いのかも」ですね。  「もりそば」700円なら、割と高めです。
どうせなら「もり」ではなくて「せいろう」と言って欲しいところですが、グッとガマンしましょう。
店名の看板のすぐ横に「ごはんもの始めました」って表示が有るのが泣けます。 飯物を出す蕎麦屋で旨い店ってのは少ないですから...。 でも、この立地は微妙なので、背に腹は変えられないのかも。  今度、折を見て食いに来たいと思います。
Pict1805 Pict1807

|

社員の地域分布

ここ暫く町田という街周辺の紹介ばかりしていますので、たまには社内の話題に戻りましょう。 居住地(現時点)に関してですが、一部パート形態の方も含めて、その分布を見てみました。

神奈川県・町田地区:22名(町田地区:4名)
東京都内:8名(23区内:6名)
埼玉県 :1名

アスペア入社に至って引っ越した人で、関東の外からの者が2名います。 ちなみに、このような人には初年度に限り住宅手当を支給しています。

やはり圧倒的に神奈川県が多いですね。 もろに町田地区の人も4名、自転車で数分で事務所に行けますって人もいます。 一方、埼玉県や、都内でも東の端の方に住んでいる人もいますが、これらはネット上で人材募集をするようになってからの入社傾向ですね。  関西などからの応募も珍しくありません。

|

べたネタ:コンビ二編

事務所のすぐ裏手のセブンイレブンでの、ちょっとした驚きの報告をば。
昼食の為にパンを買いに行きました。  何か珍しい物は無いかいな?  ふとパンの棚の一番下の段を見ると「あきたこまち」の表示。  上下のパンと同じ幅なので、「ああ、お米の粉とか使ったパンなのかな?、蒸しパンとかの類だろうか?」、「米の旨さ・香りを大切にしたブランド・パン」、「和洋の融合!」とかかな?? と思って座り込んで見てみたら.....
本物の「あきたこまち(生米)」でした。
紛らわしいよねえ?  だって、これ1種類しかお米置いてないんだよ?!  隣はモチだし。 これも「ああ、餅使ったパンかあ。餅って女性受けするらしいからなあ」とか思っちゃいました。  こんなに見事にパンと幅をそろえて置かなくっても良いのに。
Pict1803 Pict1804

|

高島易断!

事務所のあるビルの直ぐ傍に、「高島易断」の「総本部」なるものが有りました!  個人的には関心無いのですが、あちこちで名前は見かけますよね?  本当に総本部なのかな? そんなに大きなビルでもない、その2階に陣取っているだけのように見えるけれど.....。
それにしても、今の事務所に移転してから丸4ヶ月も経ってから気が付くってのも、かなり危ないものが.....(節穴??)
Pict1802_2 

|

ぶっきらぼうな看板

繁華街の中でちょっとだけおかしな看板を見付けました。
何となく気持ちは分かりますが、でもこれは拙いんじゃないの?って感じがします。  でも、派手なディスプレイが少ないところでは、小さくても確かに目立ちますね。
お店のコンセプトに合っているのかどうかは怪しいですが、飲み仲間の間では「ほら、あの看板がひん曲がってるところ...」とかで通じそうです。
Pict1788

|

メンタルクリニック

事務所の有るビルから住宅街方向に100m余り歩いてみたら、「町田メンタルクリニック」を見付けました。 真新しくて綺麗です。 横にも出入り口が?!と思ったら、写真では手摺に隠れてしまって判読できないのですが、横手にあるのは「出口専用」扉ですね。  入口で入って来る人と帰る人が交錯するのを避けようという事でしょうか...。
メンタル面でケアを受けると言うことに、未だに一般的な抵抗感が有るということでもあるのでしょうかね。  まあ、お世話にならずに済めばそれに越したことは無いとは思いますが。
Pict1780 Pict1781

|

野口接骨院

以前に紹介した調理師学校(http://aspire.way-nifty.com/majime/2008/01/post_5f77.html)のすぐ隣に接骨院が有ります。  もう17~18年前になりますが、以前に勤めていた会社がこの近くで、雪深い日に滑って転んで足首を思いっきり捻挫したことがあります。  痛かったあ~~.....。
その時にお世話になったのがこの接骨院です。 そうか、もう20年近く前の話になるんだなあ...。 当時、確か先生はそれなりの年配の方だった気がしますが、今、ご存命なら結構なお歳でしょうなあ。  いやはや。  心なしか、ただ締まっていると言うよりは、既に閉院しているって感じもしなくはありません。
Pict1783 Pict1784

|

何故だろう?

こちらは住宅地側ではなく、繁華街の狭間です。 「水墨画教室」。
何で?  いや、いけないって訳じゃありませんが、どうしてここに水墨画教室なんでしょうか?
それもそれなんですけど、隣の窓の「KING KO...」って、何だったんだろう?  「KING KONG」??
住んでるんでしょうか?  キングコングになる教室でも有るんでしょうか?  謎です......。
Pict1782

|

奥の細道:酒販店

事務所があるビルから住宅街の方に200mほど歩いてみたら、お酒の安売り店がありました!  頻繁な機会は有りませんが、年末の打上げの時などに事務所内で(軽くですけど)飲むことがあります。  段々と人数も増えてきたので、イベント時には利用できるかな!?
それにしても、殆ど住宅地なんですがねえ。
この手のお店って、繁華街には無いし(当然か)住宅街のど真ん中にも無いし.....。 微妙なところに有りますよね?!
Pict1774 Pict1775 Pict1776

|

社内イベント(2008)

2月に富士サファリパークまで日帰りで遊んで来よう!
というイベントが画策中です(悪いことのような書き方だな...)。 強制参加じゃ有りません。 現実的に、居住地の地理的な問題からして現実的じゃない社員もいますからね。  でも、全社員へのアンケートで複数候補から決まった結果ですから、好評だったのでしょう。  個人的には意外でしたが、動物に癒されたいのかな?  それとも、日本人の魂:富士山の魅力なんだろうか??
イベントが終わったら、また報告したいと思います!

|

奥の細道:卓球場

アスペアの事務所ビルがあるブロックは、100m余り歩くと駅、200m逆に歩くとほぼ完全な住宅地です。 その狭間辺りはアクセス的に微妙なために、ちょっと意外なモノが有ったりもします。
つい先日見付けたのは「森野卓球場」。
「卓球」だけで独立して存在してます! 併設の設備は何も有りません。 近くにも、これと言った運動施設は見当たりません。  看板を見ても、単位時間や料金を何度か書き直した跡が見受けられます。  昨日や今日出来た施設じゃないですね、これは。
受付にもしっかりオジサンがいた(外から見える)ので、見えない方向から撮影しました。  いや、別に悪事を働いている訳じゃないのですが。
Pict1778 Pict1779

|

柑橘類、キミは誰?

事務所のあるビルから住宅地区側に200mほど歩くと、ミカン(?)の実を数え切れないほど身にまとった樹を見つけました!  旨そ~う!  食べられるのかな??
Pict1770 Pict1771

|

各種の学校がいっぱい!

以前に「アスペアと町田」ブログで紹介しました(http://aspire.way-nifty.com/machida/2007/11/post_66a0.html)が、町田には予備校が非常に多いです!  で、この傾向は「予備校」に限らず、各種の専門学校に関しても非常に多いんです。
少し歩いただけでも、写真に挙げたとおりです。 数も多いですが、規模もばかになりません! 特にこの「調理師専門学校」、でかいです!  広角で撮影したから大きく見えるわけではなく、本当に建築面積が大きいです!!
写真は撮りませんでしたがデジタル系のデザイン学校とかも複数有ります。 掲載した「mdc」も、大きなビルが2つに分かれてます。
これらに通う学生さん達が町田駅を利用するわけですから、学生さんの乗降率も数もかなり高いと言えるのでしょうね。
Pict1772 Pict1777 Pict1785 Pict1786 Pict1787 Pict1789 Pict1790_2

|

「Oracle通信」の取材...

Oracle社で配布している無料冊子に「Oracle通信」という物があります(オールカラーで30ページ程度のもの:お金掛かってます!)。 このほぼ最後のページに「社員犬Wendyの あの人に逢いたい!」なるコーナーが有ります。
Oracle社には犬の社員がいて、社員の癒しに一役買っているとか。 で、現役の社員が「Wendy」なのだとのこと。 広報活動にも活躍(?)していて結構忙しいようですね。 Wendyのプロフィール(http://www.oracle.co.jp/press/wendy/)。 30kg近いです! デカイですねえ!
Oracle社のサイトから、同冊子のバックナンバーを手繰ることが出来ます。
http://www.oracle.co.jp/2shin/backnumber.html

で?、だから何だ?
いや、この企画の2月か3月号にアスペアの女性社員が掲載されます。 取材本番日はもう少し先ですが、プレ取材ということで昨晩Oracle社の方が来社されました。 逆取材の許可も戴きましたので、このブログにも記事を載せられると思います。

|

小さな飲み屋

アスペアから踏切を超えない所に、とても小さな飲み屋があります。 立って飲むのは当たり前!?  それでも数人しか入れないだろう?  大体、料理を作るスペースすら有るのか?  いや、酒やビールを置くスペースすら無いんじゃないか?というほど狭いです。 2階や地下が有るように見えないし(有っても階段だけでスペースが無くなりそうだし)、どうなってるんでしょうね?

写真を写した時間帯(15時前後)ではお店としては閉まってます。
夕方以降に通りかかると開いてますが、いつも人がひしめき合ってます! お馴染みさんばかりなんだろうなあ.....。 ちょっと入る度胸が有りません。 残念です。 と言うか、入ってみて何の意外性も無く、ただひたすら狭かったら辛いだけだし。
Pict1791 Pict1792

|

隣の古本屋

アスペアの事務所が入っているビルのすぐ隣に、「ザ・古本」の看板を掲げる古本屋さんが有ります。 「本屋」として見れば小さなお店です。 「ビルの隣にある」という要素が無ければ、絶対に紹介しないようなお店です(酷い言いようだな...)。 入ったことも無いので、どんな店員さんがいるのかも知りませんが、アスペアに訪問して頂いた時に「ちょっと時間調整したいな」と思ったような時には便利だと思います(これも酷いな...)。

但し、「ザ・古本」と平然と看板を出すような主人です。 どんな目に会うかは保証できません!  店に入った時、あなたは店主のどのような生き様を目にすることになるのでしょうか?! 想像するだに恐ろしい...(ガクガクブルブル)
Pict1793 Pict1769

|

新しい仲間

1/7(月)の始業日から、新しい仲間が2人増えました!
1人は技術部に、J2EE開発経験者が。
もう1人は業務推進部(事務方)に、待望の女性が増えました!
IT業界的に女性の比率が低いわけですが、アスペアも残念ながらその例に漏れません。 異常なまでに比率が低いわけでは無い(JIETの統計数値とほぼ合致します)のですが、望ましい状態とは思えません。 半分とまでは行かなくても、1/3程度は女性が占めて、プロとしてハツラツと働いているのが望ましい風景だと思います。
残業体質ではなく、(本人が望めば)結婚や出産という大きなイベント超えてキャリアを紡ぎ続けることが出来る。  そんな会社でありたいですね。  第一番目の「残業体質ではない」は既に実現できているので、これは維持するように引き続き頑張ります。

おっと、女性社員の話ばかりになってしまいました。 男性を軽んじているわけではありませんよ。 今回も即戦力としてバリバリやって戴けそうな人なので楽しみにしています!  今年は新年から嬉しい幕開けです!!

|

賀正2008!

明けましておめでとう御座います!
このブログも、とりあえず無事に2008年を迎えることが出来ました。 9月の事務所の移転に伴い、手続きのミスでブログがリセット状態に至るというアクシデントは有りましたが、ともかくもこれまで運営して来られました。 謹んでお礼を申し上げます!

何度もアクセス頂いている方々、或いはイチゲンさんも、皆さん有難う御座います。 仮にも「企業ブログ」としての方針もあり、これまでにコメントを受け付けていません。 皆さんからの意見を吸い上げられないという前提付きにはなってしまうのですが、今後とも出来る限りアスペアの実態や背景思想、アスペアが存在する町田周辺などの紹介を続けたいと思います。
今年も宜しくお願いします!!

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »