« 実録:蕎麦屋編「石の森」 | トップページ | もばっぷ(?!) »

実録:「靴専科」

カミさんから頼まれたミニバッグ、写真の通りかなり痛んでます! それもそのはず、もう20年以上使い込んだ年季物です。 購入時も1万円しなかったという、決して高級品じゃありません。
これを、先日紹介した「靴専科」に持込んでみました。
とても物腰の柔らかい人が丁寧に説明してくれましたが、結果はちょっと厳しい...。 口金が付いている品は改修が難しく、「見積不能」と回答されるケースが少なくないらしい。 加えて、改修と洗浄、色付け補修を行うと、何だかんだで4万円位の費用は覚悟しておかないとダメっぽい!
小さい割りに、あれこれ凝った部分が有ってオプション料金が加算されてしまうみたいです(明確な料金表が有り、ちゃんと説明してくれました)。
一応見積をお願いしました。 10日以内には結果が出るそうです。 最悪は表面側だけでもキレイにしてあげようか?!
Pict1905 Pict1906 Pict1907 Pict1908

|

« 実録:蕎麦屋編「石の森」 | トップページ | もばっぷ(?!) »

町田という街」カテゴリの記事