« 町田あれこれ:街中あーと | トップページ | 町田あれこれ:柾屋(まさや) »

雑記:ISS、きぼう

ISS(International Space Station)に、日本が開発した実験棟「きぼう」が、やっと搭載される時がやって来ましたね。 もう20年も前からの計画だそうで。  当初計画していた実験の多くは、技術の進歩により改めて宇宙空間で行う意味が殆ど無くなっているそうですが、今更止められません。

ところで、ISSって、比較的低い高度にいるらしいですね。  シャトルの飛行性能・運搬能力の制約から、高高度に上げてしまうと荷物が届けられなくなってしまう。  で、低高度ってことは超希薄ながらも空気が有るので、地球の周りを周回しながらも結構な速度で落ち続けているんだそうです。  だから、ある程度落ちてきたら、もう一度元の高度まで持ち上げなくちゃいけない。 で、まただんだん落ちていく.....。 いやはや、大変ですね。

で、ISSって全体としては決して剛性の高いものではないので、この落下の最中に結構振動するとのこと。  なので、「宇宙空間での無重力下の理想的な実験環境」とは、実はかけ離れているんだそうで。
じゃあ、ISSで何をするんだ?  「きぼう」の意義は何だ?  宇宙開発における、「日本」のフラッグシップじゃあ、と!

それにしても、日本人宇宙飛行士の土井隆雄さんって、毒マムシ三太夫さんに似てますよね?

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 町田あれこれ:街中あーと | トップページ | 町田あれこれ:柾屋(まさや) »

雑記」カテゴリの記事