« 町田あれこれ:柾屋(まさや) | トップページ | 町田あれこれ:お値打ち寿司屋! »

お仕事:ミニ商談会

業界内で案件情報と人材リソースの情報を交換し、互いのビジネスを円滑化・効率化しよう、といった趣旨・目的の組織がいろいろと存在します。  通常はWebやメール上でオンライン共有し、オフラインでより密接な交流を図ろうという場が設定されたりもします。
アスペアもそういった組織の幾つかに加入していますが、つい先日、JIET(日本情報技術取引所)のミニ商談会なるものに初参加して来ました(これは「私が初めて」というだけで、自社の他のメンバーが出席したことはあるはずです)。

会場は池袋のサンシャイン文化会館内にある会議室、池袋駅から向かうと一番奥の側です。 案件開示側が3社、室内の全員で30名程度の出席者数でしょうか。 景気の相対的な回復に応じて案件数だけは増えていますが、特に大企業が大型プロジェクトを立上げる為か、技術者、特にJava/J2EE・JavaEEの技術者不足が深刻です。
今回、アスペアから持込んだ案件情報は1件だけなのですが、プロパーでの不足分を補う為のたった数名が確保できません。

会として設定された1.5時間をアッという間に使い切り、10数枚の名刺が手元に残りました。 名刺交換・情報交換をさせて頂いた各社の方々、先ずは有難う御座いました!  ...と言うと過去形になってしまいますが、ここが出発点です!

それにしても、外国の技術者を扱う会社の方が多かった...。 主に韓国・中国でしたが、どこも日本企業からの受入れが厳しいとこぼしていたのが印象的です。  担当営業の方も韓国か中国の方が多かったのですが、日本語、上手です。  ビジネス的、日本語的な「言い回し」をしても正確に通じますし、話し言葉もキレイです。
正にコミュニケーションが仕事なので当然と言えば当然かも知れませんが、外国のエンジニアの半数以上がこれほど流暢に話せたら、言葉の壁を理由に受け入れないというのは正当化できないでしょうね。

オフショア開発を盛んに行っている企業でも、国内の開発現場に外国の技術者を受け入れることには必ずしも積極的ではないようです。  それを正当化する理由を「並べる」のは簡単ですが、本当の理由がどんなものなのかは分かりません。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 町田あれこれ:柾屋(まさや) | トップページ | 町田あれこれ:お値打ち寿司屋! »

お仕事な日常」カテゴリの記事