« 硬めの話:役職者会議(2008/03/27) | トップページ | セキララ:社内イベント・バス旅行 »

Mファイル:都内南東部の4名常駐先へ

「Mファイル」とは「マネージメント記録ファイル」のことであります。
先週末の金曜日、増員の為のパートナー会社の方を顧客面接に連れて行った。  私は面接には同席できないし、かと言ってそのまま帰るのは馬鹿馬鹿しい。 ウチのプロパーが4名常駐しているし、最近マネージメント担当をスイッチしてから、未だ現場メンバーとじっくり話もしていないので、その内の1名を捕まえて話を聞くことにした。
ちなみに、4名は3プロジェクトに殆どバラバラ状態で配置されている。 ここの顧客のリスク管理ポリシーで、同一ベンダーの人間を特定プロジェクトに集約しないのだそうだ。  結局、今日捕まえられたのは1人だけ。
近々で全員を集めて、横方向で情報とナレッジ共有を図らないといけない。

19:30からの予定が、現場作業が過密の為に20:00過ぎからのミーティングになった。  4月からリーダー稼動が予定されている女性の主任技術者だが、昨晩、別の会議で会ったときは風邪をこじらせて気管支炎になっていた。 状況は知りたいが、週末とは言え体調も心配だ...。
20:15、約束の喫茶店に来た。 病院を変えたら症状が大幅に落ち着いたとのこと、嬉しい、ホッとする。
一番奥の席で、いろいろと話を聞いた。 技術的な新味は乏しいが、プロジェクトの前提条件に応じた開発プロセスのカスタマイズ・ポリシーが凄い!  メンバーに要求される(特にリーダーに求められる)スキルセットと判断責任が厳しい!!  これでは、パートナー会社から技術者を提案するのも難しい。  既に入っている者達も、その日々の業務スピードから結構なストレスを受け兼ねない。  メンタル面にも特に注意して、現場が忙しくてもなるべく頻繁に顔を見に行くべきだと思えた。  負担を増やさずにガス抜きさせる工夫も必要そうだ。
キャリアプランとの同期度合いも注意しないと、モチベーションが下がったまま引きずられるように稼動してしまったら、短期間でもアッと言う間に疲弊しそうだ。
逆に、モチベーションと旨く連動できれば、結構なスキルアップが出来そう。 キャリアプランや気質・性質とのマッチに気を付けて人員投入しないと、より相性が強く反映されそうだ。

それにしても、今日会えた主任は基本がポジティブ指向で元気が良いので、話していても気持ちがいいな。 ちょっとヘタレている時には、こちらが助かる人だ。
21:05辺りで終了。 遅くまでお疲れ様でした。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 硬めの話:役職者会議(2008/03/27) | トップページ | セキララ:社内イベント・バス旅行 »

Mファイル」カテゴリの記事