« お仕事:vaioタイプG! | トップページ | 町田あれこれ:桜はまだかいな? »

お仕事:パートナー会社さん

アスペアの中でのパートナー会社への依頼者数(平たく表現すると「外注者数」です)、実は今日現在でゼロです。
善意に解釈してくれるケースでは、「プロパーだけで賄えて凄いですね!」とか言われたりするが、そうではないと思う。  確かに、Web、オブジェクト指向開発に特化している分、アスペアのプロパー社員は比較的高い見積を行っているとは思う。  その分、外からの人材にも同じように高めの水準を期待することになるのだが、そんな人材はそうそう確保できるものではない。

特に今は人材側の売り手市場の傾向が強いので、スキルの高い人は、ウチでは手が出ないほどの高単価・高い条件に至る。  いわゆる「逆ザヤ」ってヤツです。  これは、言い換えれば、未だウチが商流の浅い顧客を十分な数・規模で確保できていないからとも言える。
商流の浅い(ユーザー直、或いは1社挟むのみ)ケースで、パートナー会社の比較的優秀な技術者を確保していくしかない。

以前に別の記事で、「アスペアでは各人のキャリアプラン(自分で立てたもの)実現の支援を行う」と書いたが、この副作用で結果的に社員が複数顧客・複数案件に分散してしまうケースの発生が避けられない。
キャリアの実現という課題もそうだが、同時に「後継の育成」(育成をする側としての責任感・緊張を良い意味で経験する、ナレッジを貯める)も重要な課題だ。  メンバーが分散すると、この課題も疎かになってしまうのが実に困る。
しかし、育てなければならない後継者が加わるということは、相対的に「戦力ダウン」になるということだ。  このダウンを抑える為にも、パートナー会社の方に協力して戴きたい。  今までは、このような判断と行動も十分には出来ていないということだ。

パートナー会社対策の責任者、という事になっているのだが、その面からいろいろと考えるとウチは沢山の問題を抱えている。  つまり、自分はもっと忙しく働いていないと可笑しい、いや、おかしいという事だ。  ブログなど書いている場合ではない??!

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« お仕事:vaioタイプG! | トップページ | 町田あれこれ:桜はまだかいな? »

お仕事な日常」カテゴリの記事