« 新人な日々:2008/05/21 | トップページ | 雑記:ヴィド○ランスで... »

雑記:シニア技術者

パソナグループが関西で「シニア派遣」事業を立ち上げるそうだ。  対象年齢は55歳以上らしい。  ITに限っているわけではないが、「ITが含まれる」ことは間違い無いようだ。
最近、パートナー会社からもJava技術者を募っているが、結構40代終盤から50代の方が提案されてくる。  現状では、残念ながら契約の形態に関わらず客先に詰めるケースが殆どなので、年齢に関して顧客側から制限を設けられることが多い。  そのラインは顧客によってマチマチだが、概ね40代辺りがボーダーになっている気がする。

なので、50代の方の提案を戴くと、(非常に失礼な話だが)年齢だけでスキップしてしまっている。  でも、「若い間しか技術者として生きられない」では、現実的には話にならない。  プロの運動選手じゃないんだから、現役引退後はテレビ解説者やレポーターになります!、って訳には行かない。

顧客が40代以上の人材を避けるのは、「顧客側の担当者と年齢が逆転してやり難いから」というものが多い(少なくとも表向きは)。  しかし、担当者が今後とも常に若い状態が続くのか?  確かに「体力勝負」を要求することが多い現状のこの業界で、ビジネスのスピードもより一層の高速化を求められてはいるが、だからと言って若手だけで良いのかな??
40代以上で、技術の現場にいちゃダメですか?  その能力や生産性はどうなのよ?  若くて速いけど間違いもそれなりに含むのと、シニアだけど間違いが少ないのと、どちらが「生産性が高い」と言えるのか?  これって結構難しい(ちゃんと評価してみると、結構逆転現象が見付かったりする)問題だと思うのだが。

何のかんの言っても、IT業界は他業界に比べれば格段に若い。  この辺の歪みは、今後必然的に是正していかなければいけない業界的な、社会的な課題なのだろうなあ.....。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 新人な日々:2008/05/21 | トップページ | 雑記:ヴィド○ランスで... »

雑記」カテゴリの記事