« 雑記:ヴィド○ランスで... | トップページ | 定例会(2008/05/22) »

お仕事:パートナーさんとの面談

一緒にお仕事をしてくれる技術者の方々を探しています。  正社員として増やしたいのですが、それを待ってもいられませんので、ビジネスパートナーさんに協力を仰ぎます。
で、顧客側に話を通す前に必ずアスペアとしての人材確認を行わせて頂くのですが、実に様々な方がおられます(当たり前ですが)。

多くの場合に実装工程も含めてお願いするのですが、例えば「DIコンテナ」、「DI」と言って分からない人が結構多いんですね!?  「AOP」然り。  「デザインパターン」知らない、或いは何処かで聞いたような?という反応だったり、「UML」すら知らない人もいます。
或いは、顧客独自のフレームワークは幾つか使って来たけど、Strutsは全然知らない(名前くらいは聞いた事がある)とか。  いいのか?それで??
それでいて、事前の人材提案として「勉強熱心」とか「向上心が強く」とか平気で記載されていたりもします。
確かに技術用語だけで判断出来るものではありませんが、実装まで含めて依頼されることが分かっていて(技術者として続けていくつもりでいて)、「全く知らない」って事が有るんでしょうか?

勿論、個人差がもの凄く激しいです。  この人は是非とも一緒に仕事をして欲しいなあ、と思う人も中にはいます。
ただ、余りにも投資をしていない人に会うと、ちょっとショックです。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 雑記:ヴィド○ランスで... | トップページ | 定例会(2008/05/22) »

お仕事な日常」カテゴリの記事