« Mファイル:山手線中心辺りにて | トップページ | Mファイル:山手線、中央ちょっと南辺りで... »

Mファイル:山手線西側の方で、

4月から結果的に1名で参画する事になった案件の客先(のビル内の喫茶店)に、フォローミーティングの為に出向きました。
技術的な面で、人材も成果物資産も非常に水準が高いと思われる顧客なのですが、大きなプロジェクト、アジャイル系の汎用開発プロセスだけでは旨く行かないケースに対して、どうやら余り得意ではないようです。
社内共通の用語・表現や統一利用のツールなどから察するところ、どうもアジャイル系プロセス指向に特化されているようです。  顧客や案件、存在する課題やリスクに応じて、開発プロセスの選択やカスタマイズが必要になるはずなのですが...。
自社からは残念ながら1人だけでの参画になってしまいましたが、サブチーム5名のカラーが実に様々なようです。  客先から見て「パートナー会社の人間」が殆どであるせいもあるのでしょうが、横の連携力が非常に弱くて困惑しているとのこと。  これでは、例えアジャイル系のプロセスがマッチする案件であったとしても、サブチーム内の運営は困難を極めそうです。
「こちらから全体を変えてしまう」事が出来れば良いのですが。

全体で数十名体制にまで膨れているようで、容易には方向転換は出来ないでしょう。  今すぐに舵を切っても、実際に軌道が変るのには数ヶ月を要すると考えられます。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« Mファイル:山手線中心辺りにて | トップページ | Mファイル:山手線、中央ちょっと南辺りで... »

Mファイル」カテゴリの記事