« Mファイル:山手線西側の方で、 | トップページ | 定例会(2008/05/09) »

Mファイル:山手線、中央ちょっと南辺りで...

2名に客先常駐の形で稼動して貰っています。 顧客はコンテンツ系の開発でも、コンシューマー向けの大規模な基盤系にも高い技術力とソフトウェア的な資産を持っています。
しかし、コンシューマー向けと言うことは、開発はスピード勝負!  仕様の不確定さや揺らぎも少なくありません。  ソフトウェア的な基盤は技術的にかなりガッチリ出来ているようですが、アプリケーション層としてはなかなか辛い部分も有るようです。
アスペアの基準的な方針、「低残業」(単純に「楽をする」という意味では有りませんよ!)とは真反対で、結構な稼動時間数に登ってしまいました...。  ビジネス的な成り立ちが違うので、マネージメント的に調整を行ってもなかなか制御が難しいものがあります...残念です。
先日、新卒新人の歓迎会(寿退職の歓送会を兼ねた)を開いたのですが、その際に久し振りに会って話をしました(私は彼らのマネージメント担当ではないので、帰社してくれるなどの機会が無いと、長らく会わなかったりします)。
「久し振りに仲間と会って話をすると、ポジティブな考え方や姿勢を思い出す」と言われました。  ううう~~む、これはいけない!  時間と経験がキャリアやスキルを上げる方向に向いていない。  モチベーションが下降してます。
顧客側のPLが変って、その辺の吸い出し方が変った点も影響しているのかも知れませんが、放置は出来ません。  かと言って何が出来るのだろう?  僅かな時間でも、仲間と会って色々な話をするしか無かろう!?
ついつい忙しくって「定例会に出られない」ということが常態化し易いのですが、実際に現場からの距離もあるので仕方が有りません。  うん、それなら、現場近くで、可能な数人だけでも集まってディスカッションするってのは悪くないんじゃないか?  余り頻繁には無理だろうけど...

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« Mファイル:山手線西側の方で、 | トップページ | 定例会(2008/05/09) »

Mファイル」カテゴリの記事