« 雑記:電脳 | トップページ | 新人な日々:研修最終日 »

Mファイル:山手線中心辺りにて

基本設計工程から(この表現からして、先ずはウォーターフォールです)参画させてもらったプロジェクト、一部詳細設計に入り始めてますが、全体は既に3桁の人員数になっているようです。  元々が、相対的に上流の工程の経験値の方が上がってしまい、下流(嫌な言い方ですが)である詳細設計や製造以降の経験値が不足してしまったメンバーの、経験値の凸凹補完の為にアサインしたプロジェクトです。  大手SIer配下に幾つか会社が入ってしまってますので、正直のところ商流が深いです。
近年のアスペアにあっては特に商流の深い部類だと思います。  いろいろと難しい面も有りますが、目的(経験値凸凹補正)の為には好適と判断していました...。

ところが、どうやら製造の大半をオフショア開発してしまう方向になって来た。  要件が膨らみ過ぎて予算に収まらなくなったという理由でのオフショア開発、大丈夫なのか??  当然ながら、製造以降での国内での増員は無し。  アスペアのメンバーと一緒に製造工程を経験したいというメンバーの意向も、達成が難しくなってきた。
にわかに、本人のモチベーションが下降し始める。  会社としての目的も達せない。  今後の作業負荷も間違いなく厳しそうだ。  気持ちが上向きにならず負荷が上がれば、必ずと言って良いほど心身が不調に至るはず。  退職に至るようなことになれば、お互いの大損失だ。

仕方が無いので、元請顧客の営業さんに相談に行く。  とても真摯に対応して頂ける方なので、前向きでない話しを持ちかけるのは申し訳ないが、仕方が無い。  技術者が最大の財産だから、無駄な散在は放置できない。
話題を出したからと言って、直ぐに答えが出るわけではない。  特に、上流工程から関与してしまうと、実稼動上のキーマンになってしまうので、なかなか退場が許されない。
「ここまでの契約なんだから、さよなら~」と言えないことも無いが、倫理や商習慣にも反することは、因果応報、自分達の為にもならない。  早目から動き出して、じっくりと着実に結果を引き出すことが自分の役割だ。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 雑記:電脳 | トップページ | 新人な日々:研修最終日 »

Mファイル」カテゴリの記事