« 中途入社:いんたーなしょなる | トップページ | 雑記:転職のヒト(2008/07) »

Mファイル:外国籍のパートナーさん...

「オフショア開発」として、中国やインドに、主に製造&単体テスト工程を発注してトータルコストを下げよう!、ってのは、特に中規模(画面数で言うと3桁以上かな?)以上のプロジェクトでは良く行われるようになってます。  アスペアでは、特にオフショア開発を積極的には行ってませんが...。

で、それじゃあ日本国内でも外国籍の技術者を多く抱えているか?(正社員かどうかは別として)、と言うと、「抵抗感が非常に強い」というのが市場の反応だと認識してます。  実際、外国籍の方を多く抱えておられるパートナー会社の営業さんは、異口同音に「厳しいです!」とおっしゃる。
日本人でも全く同じ(場合によっては返って酷い?)だろうとは思うんですが、いろいろと良くない面が浮き彫りにされるようです。

アスペアでも最近、とある顧客先に外国籍のパートナーさんに1人入ってもらいました。  ところが、参画後1ヶ月でお客さんの側からダメ出しが出てしまいました。  何故だろう??  日本語力も面談時で可能な範囲は確認したはずだし、ベテランの方で日本での開発件数も多く、技術力も問題があるようには認識できなかったのに???...。  僅かな面談時間で判断するのは難しいとしても、大丈夫と判断して提案した技術者がダメ出しを食ってしまうのは残念です。

起きてしまったことは仕方が無い。  お客さんに頼んで、経緯や事象を詳しく教えてもらう時間を戴きました。  せめて、繰り返したくはないですからね!
教えて頂いた事象の中で、ちょっと唖然とするものが1つありました。

「質問をしてこない」。

「試しに「これはどんな仕様?」と聞くと、答えられない」。  これには参りました...。  と言うか、悲しかったです。 情けなかったです。 穴があったら入りたいくらいでした。
自社の社員だったら、新卒新人でも真っ先に指導する内容だし、何年も技術でメシを食っている人間がとる行動じゃありません!!(と言うか、社会人としてどうよ?!)
本人には本人の認識と判断があったのかも知れません。  でも、「指摘しても改善されなかった」とまで言われたら、ダメ出しをされたのは当然です。  これは国籍なんかの問題じゃない!、と思うんですがねえ(言葉は本当に上手な方なので)。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 中途入社:いんたーなしょなる | トップページ | 雑記:転職のヒト(2008/07) »

Mファイル」カテゴリの記事