« 雑記:ヒーローはいますか? | トップページ | お仕事:新卒新人の実務配置 »

Mファイル:モチベーションと健康管理

前々回に書いたランチミーティングでのことです。
一時期より負荷が下がったとは言え、メンバーによっては結構高い稼動が続いています。  契約的には常駐先(要求元のユーザー)とアスペアの間に、ユーザーとの関係が太く実績も豊富な会社が1社入っています。

3名とも余りに高い稼動が続いたので、次期プロジェクトはもう少し高稼働リスクの少ないものに配置して頂くようお願いしていたのですが、どうやら、少なくとも2名に関しては希望が満たされなさそうな気配です。  「厳しくなるぞ!」というウワサの流れているプロジェクトに、2人が参画することに決定したとのこと。  ウ~~ムムムムム...
確かに、プロジェクトへの配置権限は要求元のユーザーにあるので、自社の契約先への申し入れをしても限界は有るでしょう。  有るでしょうが...

ウワサを根拠にはうかつに動けませんが、放置も出来ません。  「やっぱり厳しくなった...」となった時に、「だから始まる前に言ったじゃん!、営業的に何も調整してくれなかったんだな。使えないなあ」と思われるようでは相互の信頼もクソも無くなっちゃいます。
「元請に申し入れをしておく」と私が発言したときに、「ちょっと待って下さい」とメンバー(ママさん主任技術者)から静止が。  「確かに厳しい稼動は辛いが、前回は自分の至らなさも痛感した。次で頑張って挽回したい思いもある」ので、「強い申し入れをされると、現場で肩身が狭い」とのこと。
う~ん、そんなに不用意な申し入れをするつもりは無いんですが、確かに言いたいことは分かる。  私の表現と発言タイミングが、少し軽率だったのかも知れません。

メンバーの健康・家族の平和を乱すような状況には置きたくありません。  しかし、本人の意思やモチベーションは無視出来ません。  商流的に可能な範囲で、慎重に申し入れの連絡を取ることにしました。
また、各メンバーとは別途で個別に、今後に関する方向性の話をする約束をしました。
あ!、ちなみに、ランチミーティングをしたお店の生姜焼き定食、美味しかったです!

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 雑記:ヒーローはいますか? | トップページ | お仕事:新卒新人の実務配置 »

Mファイル」カテゴリの記事