« お仕事:DI&AOP率上昇中... | トップページ | 新人な日々:研修を終えて »

新人な日々:現場に入って(1)

2008年の新卒新人は3名。  内、プロジェクトへの恒久的な配置という点では1人がOJTに移行しました。  もう1人、同じ案件にヘルプとして暫定的にテスト業務に入るという点で、一緒にOJTスタートしてます。  社内での集中研修、擬似開発の直後から、待った無しで現場に出てます。
契約的には一括請負なのですが、顧客側のセキュリティポリシーの関係で作業場所としては客先となってます。

同チームには先輩として2名がいます(純粋にアスペア・メンバーのみのチームです)が、初動としては評価は悪くないですね。  開発対象はイテレーションを積み重ねているシステムで、Strutsベース、独自のJavaソース自動生成の機構(これもアスペア謹製!)を活用してます。  これらの基本構造・作業の進め方のレクチャーを受けつつ、実作業を開始しています。

受注・開発業務自体が顧客側から見て「1イテレーション」になっていますが、チーム内では約2週間をユースケース単位での標準開発期間(実際にはユースケースの「重さ」や担当者のスキルに応じてスケジューリングします)で回しています。  新人君も、この開発サイクルの中に入って、少なくとも今のところは順調に回っていると!
う~~ん、素晴らしいです。  ちょっと厳しいリーダー(主任技術者)ですが、モリモリ育ってくれると期待してます。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« お仕事:DI&AOP率上昇中... | トップページ | 新人な日々:研修を終えて »

新人な日々」カテゴリの記事