« お仕事:テストドリブンは常にお得? | トップページ | お仕事:IT業ってどんな人が向いてるか?① »

お仕事:テストドリブンは高い?、安い?

連続ネタです。
ITシステムを開発する場合に、テスト先行でプロセスを駆動させる場合、「テストドリブン」にすると「高く付く」のか「お安くなる」のか?
分かっている方にはまどろっこしい話なんですが、初期開発で前回に書いたような様々なリスクが存在し、表面化した場合には「相対的に安くて、しかも良いものが出来る」はずです。  「はず」と書いたのは、プロジェクト自体がデスマーチに至ったりした場合には比較もクソも無いからです。

「テストドリブン」以外のポリシーもしっかりしていて、プロジェクトが(楽だったかどうかは別として)リスクを望ましい形でコントロールできた場合は、コスト的には「やや高く」なると思います(←これは「初期開発」の場合の話ですよ)。

「品質が上がるったって、コスト高じゃしょうがねえじゃねえか!!」と、管理職の人や発注側は怒るかも知れませんが、前回ちゃんと書きました。  「システム寿命が長いこと」。  作り捨てのプログラムにテスト書いても勿体無いです。
拡張や変更を経て顧客と共に成長するシステムの場合は、テストコードが活きます!  寿命が長くなるほど、概ね累計コストは相対的に下がっていきます。  しかも、ここが肝心ですが、手を入れても混沌化の度合いを抑えられます。
まあ、「テストドリブン」と「オブジェクト指向的に良い作り」とは直接の関係は無いですから一概には言えませんが、テストドリブンで開発されていて、それを継承すれば極端なリスクを抱え込む事にはならないはずです。

但し、テストドリブンも「ポリシーがしっかりしていて、メンバーに理解され、徹底されている」場合に限られます。  アスペアで参画させて頂いて、既存システムへの機能追加・改修を行うケースも有りますが、「テストケースが有ったり、殆ど無かったり、まるで動かなかったり」といったケースも少なくありません。
このようなケースでは「コスト高になった」でしょうね。  このプロジェクトの前のフェーズを経験した技術者や管理者は、「テストドリブンなんて高く付いてダメ!」と吐き捨てるのかも知れません。
その点では、「誰がどうやっても旨く行く魔法の手法」でないことだけは確かです。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« お仕事:テストドリブンは常にお得? | トップページ | お仕事:IT業ってどんな人が向いてるか?① »

お仕事な日常」カテゴリの記事