« 雑記:グリナを飲んでみました | トップページ | Mファイル:個人希望は? »

雑記:[さん付け]で呼ぶこと/区別と差別?

職位名を付けて相手の名前を呼ぶべきなのか?
それは、組織内ローカルな事情・各位の目的に応じて必然的に変わるでしょう。  職位のイメージ・枠に捕らわれずに会話・発想することで、組織としての活性を高める、といったような事がよく言われます。  「組織としての形や習慣・意識を根付かせたい」ような目的が存在するような場合は、職位付きで呼ばれるでしょうね(直前に所属していた会社がそうだったと思います)。

アスペアはどうだろう?
殆ど職位なんて付けてませんね。  社長に対しても「さん」付けです。  昔からの習慣がそのまま引き継がれて来ているんですが、ことさら変えようという意図や力は働いていないような気がします。
私自身の意識としては、「相手に応じて言葉使いを変えたくない」という原則が有るので、新卒新人でも社長相手でも、極端に言い換え・呼び換えをしてません。  これは、半分は「言い換えを行うと、その判断が相手にも伝わってしまう」し、「微妙な場合の判断・行動が面倒臭いから」でもあります。
残り半分は、「自分が職位付きで呼ばれるのが大嫌いだから」です。
型枠が有って、そこに「ポン」とはめ込まれるような気がします。  時には「らしく」振舞うべき時も有りますが、何だか何もしていなくても仕事をしているような気がしてきます(変?)。
自分が呼ばれたくないので、(少なくとも口頭では)人に対しても職位を付けないようにしています。

みなさんの会社では如何でしょう?

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 雑記:グリナを飲んでみました | トップページ | Mファイル:個人希望は? »

雑記」カテゴリの記事