« 定例会から(2008/8/1) | トップページ | 新卒採用:ガイドラインと会社のカラー »

お仕事:異業種への転職...

つい最近、ある客先に先行して入っているアスペアの技術者と一緒に、増員参画してもらう人を1名、パートナー会社さんから募りました。  たまたま依頼されたスキルセット&レベルが比較的低めだったので、1年生(とは言え、異業種への転職者でしたが)の技術者2名との打合せを行いました。
同じ所属会社の方だった(しかも、同時に異業種転職した同僚同士だった)ので、1名だけを選択するというのは申し訳ない気もしますが、仕方がありません。
ほぼ同年齢のお2人でしたが、結局は以前に営業職を2年ほど経験していた方を顧客側に提案することにさせて戴きました。

「既に何が出来るのか?」も確かに必要な要素ではあるのですが、正直のところ1年生にはそれほど多くを期待出来ません。  より重視していたのは「伸びしろと効率」です。
「伸びしろ」とは、今後(先ずは1~2年の範囲で)どの位成長しそうか?という見込み感を意味してます。  ありていに言えば「やる気」「興味・関心」「自分なりのマイルストーンが有るか?」「率直な【喜び】にリンクしているか?」などのメンタル面、判断と行動に論理性や一貫性があるか?と言った基本的な能力面が前提になると思います。

一方の「効率」。  やはり自力だけで仕事は出来ませんし、多くの情報を人から引き出さなければなりません。  これも、ありていに言えば「コミュニケーション能力」となりますが、「質問のタイミングと頻度の判断」「質問のポイント」「得た情報の反芻・理解と応用」「話し易さ(相手に与える印象)」その他に分解されると思います。

「営業職の経験があるからコミュニケーション力が高い」という論法は成り立たないとは思いますが、今回会った方に関しては当てはまってました。  見かけが丸顔でにこやか、少しだけ訛りが顔を出す、それでいて発言はポジティブで論理だっているという、ある意味アクセント&インパクトのあるキャラクターでもありましたね。

学習という面から、特に異業種からの転職後1~2年は学習・習得すべき点だらけです。  混乱しないように時折復習・整理しながらも、新たな項目についてどんどん学習を続けるべきです。
この方の場合は、「1日の中で不明点・気になる点が有れば、その日の内に帰宅後でも調べて、場合によってはサンプルを動かすなどして理解する」とのこと。  それじゃあ土日などの休みは何をしているのか?と聞けば、「休みの日はしっかり休みます」とのこと。  メリハリを付けるのは良いことです!  トータルで学習効率も上がるでしょうし、ストレスも貯めずに済むでしょう。

未だ結果は分かりませんが、出来ればこの方と一緒にお仕事が出来れば良いなあと思っています。  ウチの社員の方も、ある意味で刺激を受けられるだろうとも思いますし。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 定例会から(2008/8/1) | トップページ | 新卒採用:ガイドラインと会社のカラー »

お仕事な日常」カテゴリの記事