« 雑記:[続々]お菓子... | トップページ | 雑記:涼しいですねえ »

お仕事:機能外要件

性能。
機能外要件の重要な1つの要素ですよね。
教科書的に、非常に怖い要素であるということは知識としては知っていたつもりなんですが、ビジネス的には理解出来ていなかったようです(私自身が)。

顧客側の要望(デザインや操作性)自体を変えないと、劇的な性能向上が見込めないケースが複数見付かっちゃいました。  共通処理のAPIに依存している部分で、1つ直せば多くのケースが大幅に改善できます。

しかし、顧客側から見れば、「ユーザーの要望で変えるわけではないので、予算が割り振れない」んですね。  それはそれで、筋は通ってます。

こちらから見ると、性能要件に関する提示が一切無かったので、顧客側の受入れ検査をパスしていれば問題無しとして対応してきました。  かと言って、決して性能を無視していた訳ではないのですが、程度問題です。
数十万件のDBレコードや、1000行近いテーブルをWebブラウザで表示するなどの想定はしていませんでした。

先を見越して数値を聞いておくとか、こちらで通常操作可能なレコード数の上限を謳っておくとか、汎用的な性能要件ガイドラインを用意して適用・不適用を謳うとか(適用の場合には、ガイドラインを満たすレコード数を評価するとか)、コストを抑える為に性能評価はしないことを明記するとか、
何らかの対応が必要でした。
信頼の厚い顧客で、反復も数多く消化してきたのですが、慣れ・習慣の中に罠が潜んでいた格好です。

お互いの不幸になってしまうので、この経験は後々にしっかり活かさなければなりません(授業料も払うことになりそうですから)。

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 雑記:[続々]お菓子... | トップページ | 雑記:涼しいですねえ »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:機能外要件:

« 雑記:[続々]お菓子... | トップページ | 雑記:涼しいですねえ »