« Mファイル:挨拶からスタート | トップページ | ご案内:ウチの定例会、見ますか? »

雑記:お菓子

XP(エクストリームプログラミング)なんかでも触れられてますが、「糖分の補給で脳の活性化を促す」とか。  理屈はそうでしょうが、主題じゃないですよね?!
確かに、大手企業の常駐先だと飴の一つも口にするのをためらうような空気は有るのかも知れません。  逆に、小さな執務スペースの方が、空気に合わない行動が制約されるようなケースも有るんでしょうね。  その「空気」が問題ですけど。

ウチの事務所の場合、何となく決まった「エサ場」が」有りますね。  誰彼と無く持ち寄ったお菓子が集まるエリアが有って、誰と無く摘んでは無くなり、いつのまにやら補充されていきます。  全くゼロの状態も有りますが、何だか寂しいです。
昨晩、外出する前に見た時には何も有りませんでした。  寂しいです。  明日の出勤時には、何か買って行こうかと思います。  駅前に「マツモトキヨシ」が有るので、安く手に入ります。
若手が多いので、意外と油モノでも早く無くなるんですね。  私はポテチとかダメです。  メタボではないですが、オジサンなので。  そもそも、間食すると歯を磨きたくなります。  カミさんに習慣付けられてしまいました。

口の中がポテチ臭い状態でのミーティングは、自分が嫌です。
みんな、どうなんだろう?  この業界の例にならってしまって女性の比率が低めだから、感覚が麻痺しているんだろうか?  それとも、今の世代はポテチ臭は「OK]なんだろうか?

済みません。 深夜で酔っ払ってます。
現場によっては未だ仕事をしているかも知れないのに...。  でも、そう考え出すと、きりが無いんです。  現場の辛さや現実を他人事のように、ただ理論的に判断して行動する、マネージメント層には必要悪のスキルなんです。 だって、各現場(複数の現場)のメンバーのストレスを幾分かでも共有し続けたらどうなりますか?
普通の神経の人間ではオーバーフローしちゃいます。  「官能的な共有」をしてはいけないんです。  理論的に把握し、なおかつ、心情的な推察と判断をしないといけない。  どうも私は苦手です。  自分が現場で散々苦しんで来ましたから。

今現在の現役の技術者とは世代も価値観・基準も違うはずです。
現実として何が好まれ・そして望まれ、何が忌避されるのか?  それは知って行かないといけませんね。  お菓子場は、そんなちょっとした機会も提供してくれる場になるのかも知れません。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« Mファイル:挨拶からスタート | トップページ | ご案内:ウチの定例会、見ますか? »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑記:お菓子:

« Mファイル:挨拶からスタート | トップページ | ご案内:ウチの定例会、見ますか? »