« お仕事:実務の技術動向... | トップページ | ご案内:転職と引越し »

Mファイル:開発プロセス/プラクティス

久し振りに自社内持帰りのプロジェクトが動いています。
成果物要求が旧式形態ですし、ウォーターフォール的な流れを強制されるポイントも有るので制約が少なくありません。  それと、最も困るのが「スケジュールを動的に管理できないこと」。

無秩序にスケジュールを改変するのはNGですが、必要に応じてタスクの担当を変える(リソース配分の最適化)。  タスク内容が見えてくることにより、もっと効率的なタスク順と配分が見えてくる。  リスク吸収の為にコストが掛かり過ぎた場合に、取り戻しの為にプロセスの詳細を変える。
このような当たり前の手立てに対して、「スケジュールを変える時は逐一理由と対処内容、期待する結果などを事細かに報告しないとダメ!」という縛りを加えられると、プロセスはまともに回りません。

今年の新人が1名含まれているとは言え、その本人を含めてモチベーションは高く、「何をどうするのが最も良いのか?」を考えながら行動することが出来る、それを当然のことと考えられるメンバーが集まっています。
厳しい条件は各種集まっていますが、リスクを制御しつつ着実に前に進められることと信じています。
(もちろん、「妄信して見もしない」ということは有りませんが)

ちなみに、執務室の机の上にに築かれた「おやつ場」は、殆どが彼らの為に(彼ら自身の手によって)築かれたものです。
さすがに今日(土曜日)はお休みのはずです。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« お仕事:実務の技術動向... | トップページ | ご案内:転職と引越し »

Mファイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mファイル:開発プロセス/プラクティス:

« お仕事:実務の技術動向... | トップページ | ご案内:転職と引越し »