« ご案内:あんな人、こんな人(2) | トップページ | お仕事:文殊の知恵 »

お仕事:腹に力を込めろっ!

いや、何のことは無い、挨拶のお話ですよ。
「お早うございます」、「行ってきます」、「お疲れ様」、「お先に失礼します」。  生気の無い声で「おはよ~~す...」とか言われたら、朝からオバケ出そうです。
別に体育会系の出身って訳ではないんですが、挨拶はしっかり大きめの声の方が良いですね!  場が締まります。  気持ちがしっかり切り替わります。  また、あまり意識はしませんが、「仲間達のいる空間に来たぞ」っていう感覚も湧き上がりますね。  ファシリテーション的にも何気に重要な要素の1つだと思います。

これは帰宅する時も同じで、疲れたから、或いは先に帰るのが申し訳ないからといって、小さな声で「おさき~...」とか言わない方が良いです。  アスペアは、やるべき事が終わったならとっとと帰宅するのが当たり前なのですが、入社して間もない人とか、暫く客先に出ていた人はどうしても大きな声を出し難いみたいですね。
少なくとも、「お疲れ様!」、「お疲れー!」は元気に言いたいです!  これを元気なく言われると、本当に「てめえ、そんなに早く帰るんなら手伝えよ」とでも思われているようで、先に帰る方が気分悪いです。
何だか良心の呵責を感じながら帰るのって嫌ですね。  1日しっかり、やるべきことをやったんなら、胸張って帰宅すりゃいいんですから!  技術力と段取りで効率的に仕事を片付けられることは誇るべきことです。

私自身が自分の仕事をしっかり出来ているかどうかは怪しいですが(??)、「お疲れ様!」は特に元気に言うように心がけてます。  感謝と尊敬の念を込めて。ちょっと臭いですかね?  でも本当のことですよ!?

Ok_s[ そっちも覗いてみる ]

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« ご案内:あんな人、こんな人(2) | トップページ | お仕事:文殊の知恵 »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:腹に力を込めろっ!:

« ご案内:あんな人、こんな人(2) | トップページ | お仕事:文殊の知恵 »