« 雑記:夜空が晴れてます(東京) | トップページ | Mファイル:プロジェクト終了ミーティング »

ご案内:「技術キーワード」は乗せてるけど

アスペアの公開サイトの方に「技術キーワード」を載せてます。  「ほほう、いろいろとやっとるのう!」と、少しでも実感して貰えればと考えてのことですが、「技術」キーワードに傾け過ぎてしまったかな?  と、ちょっと反省してます。

とは言え、非同期で共有できるものとしては形式知が容易です。  暗黙知を文章や図で表現できないことも無いでしょうが、それを見て・読んで、どれだけの意味が得られるか?  伝わるか?  共有できるのか?

かと言って、全然書けないわけでもないでしょう。
大抵はプロジェクトの中で様々なリスクに伴って発生するので、プロジェクト開始前、開始後(開発中)のリスク評価・対処法の仮定・実績行動と結果などを、開発開始報告・その改訂の形で終了報告を提出してもらってます。
文書は社内のサーバー上の公開フォルダ上に配置して、誰にでも参照できるようにしています(pull型ですね)。  また、push型として定例会の中で発表もしてもらいます。

とは言え、「過去の事として終わってしまった事象」の話をしただけでは、「へ~~」で終わってしまい実感を伴い難いです。  今現在起こっていること、ライブな状況説明として聞かされると、生々しく疑問・関心が沸き、多くの質問が生じます。  これを意図的に利用しているのが、定例会で行っている「シーンシミュレーション」です。
プロジェクトに多少なりとも余裕があれば、リアルタイムで本人に状況解説して貰う事も可能ですが、大抵の場合は稼動が高くなり、帰社が難しくなってしまいます。  そこで、私が代わりに話題を展開する、或いはプロジェクトが終わってから「現在の状況」のように話を展開してシミュレーションを行います。

シミュレーションは3~4人のチームに分かれてディスカッション形式で行います。  チーム構成は、職制の同じ人間で組み合わせます。  上位職の人間が展開を引っ張って行ってしまう、或いは逆に黙りっ放しになる、下位職の人間が遠慮して黙り込むことを防ぐためです。
少人数に抑えるのは、当然ながら全員が発言し易くするためですね。

...とまあ、こんな事を別枠で行っているんですが、なにせ生々しい話題が多いんです。  開発報告も、とても社外に出せる内容ではありません(守秘義務の点を含む)。
アスペアが「プログラマーだけが元気な会社」とは思って欲しくないので、ちょっとゴタゴタ並べてみました。

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

Ok_s[ ついでに見てやろうかな ]

|

« 雑記:夜空が晴れてます(東京) | トップページ | Mファイル:プロジェクト終了ミーティング »

ご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご案内:「技術キーワード」は乗せてるけど:

« 雑記:夜空が晴れてます(東京) | トップページ | Mファイル:プロジェクト終了ミーティング »