« 雑記:けんこうさん | トップページ | 硬めの話:マネージメント志望の面々 »

硬めの話:アーキ方面の志望者たち

大分以前に、「硬めの話し」カテゴリーで「チャレンジシート」の説明をしましたが、要は「自分のキャリアプランを描く」・「営業やマネージメント、チーム運営と連携してプランの実現・加速を支援する」のが目的です。
策定にはマネージメント層やリーダーが支援します(決める主体は、あくまで【自分】です)。
よくある「目標管理」に似て見えるかも知れませんが、「会社が個人を管理するためのツール」じゃないので誤解の無いようにお願いします。

で、このシートに「アーキ方向」を目指すことを掲げる社員が何名かいます。  アスペアは技術特化の色彩が濃いので、これは必然かも知れませんけど。

で、そのような人には優先して新技術(トレンドになりそうなもの、考え方的にユニークなもの、生産性や品質を大きく改善する可能性を期待できるもの等々)を取り入れる案件、或いは顧客、顧客内の部署、担当リーダーやアーキテクトの元に配置します。
或いは、社内からアーキテクトとして人員配置する場合のサブメンバーとして。  はたまた顧客内にアーキテクトとしての人員がいる場合(実態も確認する必要が有りますが)も考慮します。

チーム内でも、調整可能な限りで技術面での調査・評価作業なども振るようにします。

調査結果は、所有権などの問題が出ないように慎重にレポートを作成して貰い、社内に公開します。  その内容は定例会で補完説明を行ったり、勉強会の教材の一部として機能する場合も有ります。

アーキテクトは「単なる技術オタク」ではないので、要件の全体把握や機能外要件の抽出・定義なども必要です。  なので、必然的に上流工程の経験やリーダー稼動も割り当てて行きます。

開発の終了後には終了報告(レポート)を作成。  自身の目標とのリンク、達成具合なども振返って自覚するようにしています(この内容は定例会でも報告します)。

こうして、少しづつでもプロジェクト毎に経験値を増やし、アーキテクト方向に向かって成長していきます。  で、機会を見て、プロジェクトの中にアーキテクト(或いは見習い)として参画し、より実践的な能力を身に付けて行きます。
今で言えば、新卒で入社した【Min】君が相当します。  同じく新卒で入社し、【Min】君にとっての目標にもなった【Jin】さんもアーキ傾向のキャリアプランを描いていますね。
また、上記の両者を鍛えるという点でも【San】マネージャのアーキ的な能力と実績は、大いに影響したと思います。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 雑記:けんこうさん | トップページ | 硬めの話:マネージメント志望の面々 »

硬めの話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硬めの話:アーキ方面の志望者たち:

« 雑記:けんこうさん | トップページ | 硬めの話:マネージメント志望の面々 »