« 硬めの話:各々の志望者はどうなってる? | トップページ | 町田という街:山です... »

硬めの話:「残業少ない」ってウソだろ~??

「まゆつば、まゆつば。 ぺっぺっぺ!」、ってそんなこと無いんですってば!  確かに「社内の、残業支給が出る全員の年間平均」という前提付きなので、プロジェクトや工程によって少なからずの凸凹ありますよ。

残業支給がない「管理監督職」(アスペアの中ではマネージメント職以上)は、もっと残業時間多いケースが多いです。  ちなみに、残業支給が出る「主任技術者」は現場での開発に従事しますが、マネージャから上は通常は特定案件には属しません(例外が絶対に無いとは言いませんけど)。

で、2006年が月間平均で20時間ちょい、2007年が20時間を切りました。  「まーたまた、ウソぴょん!」と思われても困ります。 事実なんで...。  以前に「硬めの話」カテゴリーで、わざわざ6回にも渡って説明してます。
関心のある方は是非読んで下さい!

最も、ウチに中途で入社した技術者も、「入社するまではウソだと思ってた」って言ってましたから、言葉だけじゃ無理なんでしょうね...。
念の為、1回目の説明の直リンクを書いておきます。

http://aspire.way-nifty.com/majime/2007/12/post_2525.html

1つ、勘違いの無いようにお願いしたいんですが、アスペアは「単純に労働時間を短くカットしてる」訳ではありません。  コミュニケーションやリスク管理&コントロールで、極力無駄・不効率な時間の使い方を避けているというだけです。

そうだ、皆さんに1つ問いたい。
「今日は無駄なく、効率的に仕事を進めることが出来たなっ!!」っていう日、月に何回位ありますか?

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 硬めの話:各々の志望者はどうなってる? | トップページ | 町田という街:山です... »

硬めの話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硬めの話:「残業少ない」ってウソだろ~??:

« 硬めの話:各々の志望者はどうなってる? | トップページ | 町田という街:山です... »