« 定例会:2008/12/19 | トップページ | 雑記:菌劇場 »

お仕事:メタスキル

アスペアは、少なくとも現状ではWebアプリケーション、オブジェクト指向開発に特化してます。  10年後のトレンドは分かりませんが、何れにしても「業務」よりは「技術」特化の方向のままで進むと思います。

現在なら、先日も書きましたが SAStruts とか、DI & AOP(Seasar2やSpring)、各種のO/Rマッパー、S2系の中での様々な拡張コンポーネント、AXIS、Ajax、或いは FLEX、.....もう既に実務経験者もいます。
どんどん新しい技術が出てきますね。  より長い寿命で生き残るのがどの技術なのか?、見極めるのは難しいですが...。

で、これらの技術を使うためにお客さんは何と言ってくるか?
「この技術の経験者をよこせ」ですね。
いません。
トレンドになりそうな技術には、どこも同じようなタイミングで着手しようとします。  個人的に試作、或いは試作プロジェクトで関わることはあっても、本番の実務で関わるチャンスは、最初の内は早々はありません。
最初の最初は、その技術を作った本人以外は未経験です。
すると、誰が初期の内に触れる機会を得られるのか?
いろいろな理由が有るでしょう。  企業としてのサイズやカラー、政治的な理由なども絡むのかも知れません。

アスペアのメンバーが、比較的初期の段階で参画させてもらえる事もあります。  当然ながらネット上にも情報が乏しい。
それでも、試行錯誤しながら前に進むことが出来ます。
納期に対して、機能・性能を満たすことが出来ます。

これには、「調査する力」以外にも、「新たな技術を利用する上での勘所」、「試行錯誤をするにしても、アプローチのコツ」、「ソースを読み込んで本当の仕様を暴き出す(?)」(ソースが無くても?!)などで、顧客が望んでいるビジネスを実現する為のシステムを形にするわけです。

これは「知っている」という事だけではなく、「知らないものでも解決の糸口を掴める」メタスキルを持った連中が揃っている、ということです。
更に言えば、「実プロジェクトの中で、リスク管理とスケジューリング、タスク調整(或いは顧客調整)をして」未知の道具でシステムを実現するわけです。  そう、技術だけでは現実には出来ません。

アスペアのメンバーは「天才ぞろい」ってことはありませんが、「実務の総合力は凄い!」連中が一杯です。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 定例会:2008/12/19 | トップページ | 雑記:菌劇場 »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:メタスキル:

« 定例会:2008/12/19 | トップページ | 雑記:菌劇場 »