« 町田という街:山です... | トップページ | 雑記:「ほっ」 »

お仕事:これは損?

アスペアの技術者達は、基本的に新人に至るまで、自分のスケジュールは自分で立案・計画し進捗も管理します。  勿論、進捗を数値化する上でのプロジェクト内、或いはチーム内のガイドラインは存在します(例えば、詳細設計でチーム内レビューをパスしたら70%完了とする、とか)。

基本的に残業前提での計画は引かない。
直感で線を引かない、線を引くガイドラインが不明確なら確認し、必要に応じてガイドライン補完のフローに載せる。  報告と相談は早めに。
...で、経験値と能力を上げて、概ね前倒しで作業を進められるケースが増えて来ますが、ここで返って矛盾が起きやすくなります。
「前倒しで進んでるんだから、遅れている人の分のカバーに回って欲しい!」という要求が来るんですね。  これを読んでいるあなたは経験無いですか?

折角苦労して前倒しにしたのに。  早い内からリスクを嗅ぎ分けて、問題となりそうな部分の解決に勤め、まだ皆が定時で帰るころに自分は調査・対処の為に残業をしていたのに。
調査結果についてもミーティングで報告しているし、資料として残しているのに読んでもいないのか?  或いは別の問題を抱えているのか?
先々に転がっているリスクを考えずに仕事をして、問題につまずいて残業している人の支援を、どうしてしないといけないのか??

自分が「問題なく対処してきた」から、当初からの想定外のタスクなど担当せず、毎日定時で帰ります!  ←これもちょっと問題ですね。
お仕事はチームで行います、殆どの場合が。
ある程度巨大なプロジェクトなら、分割されたチーム間でのワークシェアは難しいでしょうが、そうでなければ支援は可能な場合が多いです。
チームとしての遅れや不具合が生じれば、個人としてどれだけ進んでいても意味がありません。

意味も無く「付き合い残業」をするのは何ですが、チームとしてのリカバリーに力を出すのはある程度必要なことです。
チームとして経験値や能力を高めていくことの喜びを知っている。  アスペアのメンバーはそんな人間達です。

ちなみに、顧客から「個人が認められて、個人に別件でもお呼びが掛かる」のと、「チーム(会社)が認められて、別件でもチームでの対応を希望される」のと、どちらが嬉しいですか?

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!。クリック応援、お願いします!

|

« 町田という街:山です... | トップページ | 雑記:「ほっ」 »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:これは損?:

« 町田という街:山です... | トップページ | 雑記:「ほっ」 »