« お仕事:バトンタッチって難しい | トップページ | 雑記:会話の中から »

定例会:2009/02/06

2週間に1回を原則に、全社員が帰社する「定例会」を設けています。
と言っても、さすがに1ヶ月に2回も業務時間中に途中で切り上げて帰社するのは調整が難しい面があります。
それでも以前は大半の出席が得られていたんですが、2007年後半辺りから業務都合で帰社できないメンバーが頻発し始めました。

個々人で状況を確認しながら定例会欠席を承認しているはずなので、実態上は仕方ない部分もあるのでしょう。
定例会自体を「是非とも出席したいもの」として魅力的なコンテンツで埋めるようにする、という、企画側の責任も十二分に満たしているかと問われれば自信は無いのですが。

しかし、月2回の開催の中で、最低でもどちらか1回は出席してくれればトータルでの目的には足りると思っています。

定例会の目的。
なんだ?、それは??
以前にも触れた話題なんですが、表面的には「ナレッジ共有の機会」です。
根本部分としては、「アスペアという会社・技術者のカラー、文化を作るため」です!
足し算として、「せいぜい数十人が集まっている会社」では面白くも何ともありません。
ナレッジを持っている人間は吐き出し、それを欲しい(或いは吸収して欲しい)人間が吸収する。
お互いに可能なものは与え合い、どちらにも無いものは競い合う。
この繰り返しの中に、新人が加わって行きます。

このところ、勉強会の開催が暫く停止していました。
以前の形(定例会時に行っていたので、全員参加が原則)の再現は意味が無い。「求める者と、提供できる者との間を取り持つ」。
単純な事です。
これが勉強会の原則です。
これを「取り持つ役」、お世話役を私が統一して行えば良い。
テーマ毎のリーダーはメンバーに任せれば宜しい。
手間を食う部分、横の連携などは私が吸収すれば良いのですね。

この、当たり前のポリシーに変えたらば、意見の出ること出ること。
前向きの意見、視点を変える意見、より長期的で戦略的な意見、どうも有難う御座います!

という事で、勉強会の計画がパラレルで進行し始めました。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

|

« お仕事:バトンタッチって難しい | トップページ | 雑記:会話の中から »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定例会:2009/02/06:

« お仕事:バトンタッチって難しい | トップページ | 雑記:会話の中から »