« 勉強会:ユースケース実践! | トップページ | 硬めの話:キャリアとスキルマップ »

勉強会:S2ワークグループ!

先日の4/4(土)12:00から、S2ワークグループの初回会合を実施しました。
つい先日に「ユースケース実践」の初回を実施しましたが、今回も「そもそも何を期待(ゴールイメージ)しているか?」の共有から行いました。

メンバー5名でのスタートの予定が、1名飛入り参加で6名スタート(お世話役の私を除いて)となりました。
当日は昼飯を買って来ておいて、適当に食べながらの会話。
と、そう表現すると年配の世代の方からは「ながら族」としてイメージは悪いかも知れませんが、「ランチミーティング」と表現すれば西洋風(?!)で、リラックスしながら自由に(発想を制限せずに)話せるというメリット感を感じて頂けるでしょうか?

実際、参加者は既にS2プロジェクトの経験者、S2は無いけどSpringは使ったことがある、未だ業界2年目で考え方程度(概要・概念レベル)しか知らない者までさまざまですが、発言は皆から活発に出されました。

世話役である私は、事前配布済みのレジュメをベースとして進行役をしながら、議事メモ(「議事録」とは違います)をPCにテキストベースでリアルタイムに打ち込みます。
議事メモはそのままプロジェクターで投影しっ放し。
フリーハンドが必要な場合には、適宜で白板を併用します。
ちなみに、この方法だと何らかの理由で途中参加したメンバーがいた場合でも、それまでの議事メモを印刷して渡すだけで、結構な程度まで議事に追従・途中からでも発言できます。

さて、S2ベースのグループがディスカッションだけで終わるはずも無し。
次回以降で実際の開発ステップに入り込んで行こうや、ということになり、先ずは開発用環境のセットアップ、統一からになります。
リポジトリをどうしよう?
既存の社内LAN・リソースを共有する事は避けなければならない。
業務とは全く別の開発になりますから...。
仕組みの面は、素人集団ではないのであれこれ分担・検討・調整して進めます。

折角なので、実務では適用・組み合わせの機会がそう頻繁ではない技術組み合わせ、開発プロセス中のプラクティスなども取り込みながら進めようじゃないか、ってことになりました。
勿論、欲張り過ぎて「何も結果が無い」なんて事にはならないようにしないとね、ってな話もメンバー内から自然と出て来ます。

何よりも、「とにかく楽しく!」
これが無くっちゃ続かない。
形だけ続けても仕方が無い(勿論、楽しいだけでも仕方が無い)。

これを最も基本のポリシーとして進めていく事になりました。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

|

« 勉強会:ユースケース実践! | トップページ | 硬めの話:キャリアとスキルマップ »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会:S2ワークグループ!:

« 勉強会:ユースケース実践! | トップページ | 硬めの話:キャリアとスキルマップ »