« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

定例会(2009/05/28)

2週に1回の定例会。

今回は社長から話す話題も無いということで、冒頭のコンテンツが繰り上がりました。
で、代わりという訳でもないのですが、新社長に男子誕生(次男)ということで、社員有志からのプレゼントの発表がありました。
どんなものが良いのか分からん!、ということで、数種類のぬいぐるみの中から択一ということで社長に選んでもらいました。

・18:00 ~ 18:05 ( 5) 業務連絡等 [業務推進部、他]
・18:05 ~ 18:15 (10) 5分間スピーチ
・18:15 ~ 18:25 (10) IT-Tips
・18:25 ~ 18:30 ( 5) (休憩)
・18:30 ~ 19:45 (75) シーンシミュレーション
・19:45 ~ 19:50 (05) 振り返り(KPT)

Pict2229 IT-Tipsは「トランザクション分離レベル」のお話。
現場ではMySQLを使っていますが、当の技術者が慣れているのがOracle。
更新トランザクションの割と少ないシステムの開発において、更新トランザクションが頻発した際にデータの論理的な整合性が取れなくなりました。
なぜ?
アプリケーション側を見ても、特に怪しげな箇所は見当たらない。
DBMSが競合管理をしてくれているんじゃないのか?
経験済みの方は既にお分かりでしょうが、MySQLとOracleは、デフォルトのトランザクション分離レベルが違う。
原因判明までに時間は要しなかったようですが、意外と見落としがちな事なのかも知れません。

Pict2230 Pict2231 シーンシミュレーションは、「実際に現場で起きたシーン」の前提や状況を可能な範囲で部分共有し、「その時、どう判断して、どう動くか?」を小グループに分かれてディスカッションするものです。
最近数回は経験レベル毎に層でグループを形成するようにしてきましたが、毎回では変化が乏しくなってしまうので、今回は全く関係無しにグループ分けをしてみました。
今回はプロジェクト管理上の肝・ポイントに関わる部分で、スコープが広くなってしまい、グループ毎に結構視点やカラーの違う展開・結果が出ました。
こういった回の方が面白いんですが、所要時間を大きく越えるのがタマにキズです。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:ランチミーティング全盛?

プロジェクトへの参加形態(契約形態)の如何に関わらず、セキュリティの面から「客先の場所で開発を行う」ケースが殆どを占めています。

自社の企画モノで打って出るには景況が悪過ぎるので、暫くは仕方がありません。

で、客先に詰めているメンバーと社内的な打合せを行う必要がある場合、昼飯時を利用することが多くなっています。
「ランチミーティング」ですね。

時間の約束がし易く、仕事的な区切りが良いのでしょう。
一度実施すると、現場側からもランチミーティングを要望されるケースが増えている気がします(忙しい場合でもミーティング可能ですしね)。

中には、客先のビル内で格安で食事を済ませられるケース、或いは自宅から弁当持参のケースもある(実は私自身もそうです)ので、ランチミーティングをすると余計な出費をさせてしまうこともあります。
申し訳ないので、たまには私の方で負担する事もありますが、私の財布も決して余裕があるわけでは無いので、早々頻繁にはおごってあげられませんけど。

密度の濃い、重い話題を展開するには無理があります。
食事しながらですから。
そもそも、日本人って「食事中にしゃべる」こと自体に抵抗感ありませんか?
古いのかなあ?
それに、私は食べる事自体が大好きなので、「食べながら話す」のって味わえなくて(食べる事に集中できなくて)辛いです。

以前に永禄輔さんのエッセイだったか、「食べることは恥かしい」って記述を目にしました。
うん、素直に同意します。 私も恥かしいです。
自意識過剰なんでしょうか?

何にせよ、目的はコミュニケーション。
自分の方から「是非ともランチミーティングを!」と求める事はしませんが、現場側の都合を最優先してもらった上で、選択肢の中からランチ時を選んでくる場合は、それに応じています。
以前に、年長のパートナーさんから1回だけ「昼は避けて欲しい」と言われたことがありますが、それ以外は無いですね。

大抵の場合に、「自分が話す」よりは「相手に話して貰う」方が優先なので、相手の気持ちや都合の方を優先しています。
気分良く話して欲しいですから。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会:Linux(Unix)基礎実習

5/22(金)の18:30から、【Jin】さん(LPIC-1認定所有)を講師として「Linux(Unix)初歩」の勉強会を実施しました。
約2時間の予定なので腹も減りそうです。
「おやつ盆」を覗くと残りが心もとない...。2品ばかり買ってきて足しておきました。

勉強会といっても座学は退屈なので、ひたすら実習形式・実戦形式です。
で、今回は何だかんだ言って8人も参加しました!
「教わる」という点では、妥当なのは2人位じゃないのか?、と客観的には思いましたが、どうやらお互いのちょっとづつディープな知識・ナレッジを吐き出し合うことを期待しているらしい.....
大ベテランまで参加してくれてます(オブザーバー?)。
今日は「初歩」だって繰り返し連絡したんだけどなあ。
ま、いいか。

Pict2227
環境として利用したのは、たまたま稼動していた VineLinux。
何せ、約2時間でUnix系OSの概要説明・歴史、OSの定義から主要なコマンドの利用、viを触る、Perl・sed・awkなどのワンライナーまで触れようってんだから欲張りです!
全員の知識を確認しつつ、1人でも知らなければ概説するというポリシーで進みましたが、つっかえれば誰かしらかフォローや補完が入るという進行です。

何気に実用上のチップスも出たりして、「おーそれ知らなかった!」も何回か聞かれました。

全体としてはバンバン進みましたが、さすがに2時間枠で全部は無理。
ワンライナー系のコマンドには触れず、シェルスクリプトは本当の概説のみでおしまい。
これでも既に2時間半に達してましたね。
全員に疲れが見える中、「振返りやろうよ、せっかくここまでやったんだし」ということで、簡単に振返り。
Keep、Problem、Tryに分けて意見を募ります。
みんなヘロヘロの割には意見出るんですよね...。
ホワイトボードに集約して、今度こそおしまいです。

はーーさすがに疲れましたね。
みんな、お疲れさんでした!
大半の連中は、晩飯を食べに連れ立って一緒に行きました。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:今日も快適?Eclipse!

オープンシステム構築上でのIDE(統合開発環境)ツールとしては、二台巨頭として「Visual Studio」と「Eclipse」が挙げられると思います。

アスペアでも、.NET系開発は前者、Java系は後者を利用しています。
で、Eclipseの場合でこれを抜きにしては話にならないもの、「プラグイン」。
Eclipseを使っていながら、プラグインを1つも利用していないという人は、恐らくはほぼゼロでしょう!(ですよね?)。

現在のアスペアの社員、勿論、全員が新卒者で構成されているというわけじゃありません。
あまり巨大なシステムの開発に関わることは概ね避けてきているので、技術者各人が利用してきたEclipseプラグインもまちまちです。
各人で調査して、独自に情報収集・活用しているものも多くあるでしょう。

...という事で、どんなEclipseプラグインがお勧めか?
どんなものが気になっている(けど詳細を知らない)か?
どんなものが欲しいと思っているか?
などをアンケート調査してみました。

現時点での技術者は30名にも満たないんですが、「お勧め」が24種類。
「気になっているもの」が10種類。
「こんなの欲しい」が10種類でした。

詳細は記載しませんが、特に客先ガイドラインで開発する事が多いメンバーは、例えば同じ「エディット系プラグイン」でも「これが手に馴染む」とか、「軽快だから好き」とか。
同様機能の中でも複数・多数のプラグインを経験しており、比較の上で「これがお勧め」というケースが多いようです。

ちなみに、今回挙げられたプラグインのほぼ全て(若干数の例外アリ)がオープンソースでした。

しかし興味深い結果です!
色々な情報が集まりました。
とりあえずは表形式に整理して社内公開しましたが、これは定例会などでお互いにリアルタイムに情報交換した方が良いのではないか?
中には、「気になっているもの」に挙げられたプラグインで「お勧め」に挙がらなかったもので、確かに実務経験をしている社員がいたりもします。

アンケートの有効回答数が50%に満たなかった(個別事情はさまざまなんでしょうが)ので、当然かも知れません。
しかし、このまま放置は、どうももったいない!!

Banner_02_2ブロ

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:社内タスクが迷子だよ?

ちょこちょこと書いてますが、自社内で管理できるタスクに関しては、原則としてRedmine(レッドマイン)を適用しています。
プロジェクトの実行などで、事前に密なタスク計画&配分・追尾を必要とするような場合には、MS-Projectを使う事も少なくないですが。

で、特に社内の種々雑多なタスク、と表現すると聞こえは良くないんですが、様々なプライオリティと粒度のタスクが結構な数で存在しています。
これらにもRedmineを適用。

...するのは良いのですが、プロジェクトの形態を取っていれば、余り時間を置かずに必ず進捗・状態をチェックします。
「雑多な用事」だと数も多いし、コマゴマと見ていられないからタスクとして振ったんだし。
ついついフォローのタイミングを失います。
と言うか、タスクの存在自体を忘れがちです...

さて!、進捗は如何かな?、とチェックするステップが抜けていました。
週に1回、マネージメント層で会議体を持っているんですが、ここでRedmineの管理画面を覗いて、特に「担当者が割り当てられていないタスク」、「ステータスが[着手]以上に進んでいない、或いは[保留]されているタスク」をざっとチェックすることにしました。

個別にコマゴマと論議はしません。
特に重大なタスクは、そもそも議事録(前回のアクション・チェックと、アクション予定、次回の議題を明記してます)に個別議題として挙げていますから。
議事の中では、「雑多な社内タスク群」が「管理されているか?」(忘れ去られようとしていないか?)のみチェックします。

Redmine、確かに便利です。
(疑問やリクエストが全然無いってことも無いんですが...)
でもこれは、あくまで道具。
タスクを実際に進める・管理するのは人間です。
当たり前の事ですが、道具はそれを助けてくれるだけ。
その点では、まだまだ Redmine の使いこなしが足りないってことも有るのだろうと思います。
ですが、運用上の取り決めやガイドライン、チェック機構は必要ですよね。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記:おやつ盆が復活しました...

いや、何度も報告するような事じゃないのはわかってるんですが...
書かせて下さい。
復活しました。

Pict2226
連休絡みで飛入りしたお土産のクリーム入りの饅頭の箱が、既に写真に撮る以前に空になっちゃいました。
今は2箱目の「きりたんぽ饅頭」が横に並んでます。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会:ユースケース実践WG(3)

5/16(土)-12:00、勉強会の「ユースケース実践ワークグループ」の第3回目を実施しました(名著:「ユースケース実践ガイド」をベースに進めています)。
欠席は外せない私用で1名のみ。
つい先日に入社してくれた【Yam】さんも加わってくれて、7名での実施となりました(私は数に入れてません)。

さて、今日は「ピザでも食べながらやってみよう!」って事になっているので、早速メニュー選び。
○ウェイ・ピザの割引券があるぞー!ってことで、注文先は決まりです。
同社のサイトからメニューを開き、プロジェクターで投影しながら全員でワイワイとメニューを決めます。
何の会だ??

Pict2219
さて、ハーフ&ハーフのLサイズを2枚注文して(50分後に到着予定)、いよいよ勉強会本番に入ります!
今回が中身に入る2回目ですが、まだまだ用語の解釈・定義的なところで認識が合いません...。
と言うか、書籍自体にも厳密な定義が載ってない?
「細かいところはともかく、大づかみしながら前に進んでいってくれ!」というのが、ベースにしている書籍の著述上のポリシーのようですが、この業種で揉まれて来た人間ばかりですから、「はい、そうですか」とはなかなか単純には進みません。

現時点までの認識と解釈で、自分達の理解(仮定)としての共通認識を固めるまでは納得しませんでした(いつもこうって訳じゃありませんよ!)。

Pict2221

Pict222250分前後してピザ到着!
食べながらも一部の人間がユースケースに関して協議してます。
ピザ自体に関する話題のワイワイと合わせて、賑やかですねえ。
あっという間にLサイズ2枚が姿を消しました!

さて、その後も余さず全員から様々な意見・認識が出ましたが、無理の無いところで共通認識に落着いたようです。
2時間+αを要して第2章の文章と図表の解釈・理解まではOK。

次回の開催日と実施内容(最大&最小範囲)、担当者を決めて、14:30頃にお開きとなりました。
あっ!、前回忘れて、今回こそは絶対に!と思っていた事を1つ忘れた!!
振返り!
やりませんでした...
拙いなあ。
次回こそは絶対にやります。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定例会(2009/05/15)

昨晩(5/15)は2週間に一度の定例会でした。
今回はゴールデンウィークを挟んでいるので、ちょっと間隔が開きましたが。

・18:00 ~ 18:10 (10) 中途入社社員の紹介
・18:10 ~ 18:40 (30) 社長の話:決算、予算系の発表、etc
・18:40 ~ 18:45 ( 5) 業務連絡等 [業務推進部、他]
・18:45 ~ 18:55 (10) 5分間スピーチ [Min]
・18:55 ~ 19:00 ( 5) (休憩)
・19:00 ~ 19:15 (15) 社内イベント振り返り
・19:15 ~ 19:55 (40) Eclipse-Tips祭り [Min &(All)]
・19:55 ~ 20:00 (05) 振り返り(KPT)

5分間スピーチで【Min】さんが触れたのが、米国の古くからの算数ゲーム「クリプト」について。
無作為に引いたカードに記載された数値を使って、四則演算のみでカードが示す結果数値にするというもの。
演算順位を規定するカッコは利用可能、分数利用もOKらしいです。
結果が出たら「クリプト!」と叫んで、30秒以内に計算式を書いて実証するというルール。
単純と言えば単純です。

5分間スピーチの後が丁度5分間の休憩時間だったので、早速ホワイトボードを使ってあれこれトライ!
ワイワイ盛り上がるのは大いに良い事なんですが、休憩時間が終わっても直ぐには後半が開始できませんでした。
いや、だって、大半の人間がクリプトに参加しちゃってるんだもの...

Pict2214 Pict2217
後半の1つに「Eclipse-Tips祭り」を設けました。
言いだしっぺが自分のTipsを吐き出しつつ、こんなのもある!、これを知っとるか?などと、デモオペレーターがどんどん入れ替わっていきます。
技術者10数人が集まると、さすがに全てのスーパーセットを知っていたメンバーはいなかったみたいです。
「おー!、そうなんだ?!、知らなかったあ!」などの声が重なって盛り上がると、やって良かったなあと思う次第で。
ちなみに、このセッションを企画したのは、進行を勤めてくれた【Min】さん本人です。
【Min】さんありがとー!

今回から何回かの定例会は18時開始。
これは、現場の声を反映して、より参加し易い・調整し易くするための施策です。
が、このまま持続すべきなのか?
最後に行った振返り(Keep,Problem,Try)でも話題になります。
定時を越えて遅くまで稼動するのはアスペア的には本分ではありません。
今までにいろいろなパターンで開催してきましたが、「じゃあ思い切って午前中にしてみようか?」という流れに至っています。
(ちなみに、数年前までは午前開催が原則でした)

状況によってベタープラクティスは変わります。
要は、より望ましい解を求めて、自分たちが自分たちの意思で自主的に判断して決めて&動いていければ良いのです。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記:車載システムと無線接続

ホ○ダの「イ○ターナビ」(同社のカーナビに提供される交通情報サービス)、自動的に携帯接続して地図情報を更新したり、渋滞予測情報を提供したり出来るんですね。
私自身が車の免許を持っていないので、カーナビには全然興味が無かったんですが、面白いニュースを聞きました。

イン○ーナビを介して急ブレーキをかけた場所の情報(ログ)を吸い上げ、特定地域と照合して「危険区域」を割り出し、交通対策を施した事で、同じ場所での急ブレーキ回数が約7割減少したとの事。
へえーー!?

私が驚いた(?)のは、
・車自体が「急ブレーキを認識」すること、
・ナビシステムが「ログを取っている」こと、
・「無線でサーバにログを吸い上げている」こと、

どこまで(何を)ログに残しているんだろう?
何時に何処に行ったとか、経路情報とかも残ってるんだろうか?
今回の件は、ホ○ダ社から「解析に使って下さ~い」と申し出たんだろうか?

ある意味では個人情報の一部だと思うんですが、同サービスを契約するときに、ログが吸い上げられる事は契約者に明示されているんでしょうね。
もちろん、天下のホ○ダさんですから、厳重なデータセンターでバッチリとセキュリティを確保しているんだと思います。

今回聞いたニュースは良い意味での応用の成果で、事故や犠牲者を未然に防げたという点では間違いなく素晴らしい事です!
多くの情報を集約する事で、初めて可能となる事もありますし。
個別に見ても、航空機でのフライトレコーダーに相当する(事故解析に有用)働きをするかも知れません。

でも、ちょっと。
正直なところ、前述のような思いが頭をよぎります。
杞憂だとは思いますが、情報はくれぐれも慎重に扱って欲しいと思います。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会:Linux(Unix)初歩

JavaでのWeb開発、と言うと、開発時はWindows(今ならXP Pro.が主流でしょうね)上に開発環境からサーバー環境まで全て構築してしまい、結合テスト以降でターゲットマシン&OS&RDBMS環境を利用する、なんてケースが少なくありません。

ターゲットOSとWindows上の実装上・動作上の差異、注意事項を認識していれば、かなりの工程をWindows上で済ませてしまう事ができます。

これは、開発効率(或いは技術者教育の工数)という点では悪くは無いのですが、「Windowsしか知らない・ターゲットOSに関する経験、知識が薄い」メンバーが増える必然性をもたらします。
この点は、JavaでWeb開発を行うことの危うい点とも言えます。

社内にはLPIC-1の取得者が2人いますが、1人が「Linux初歩」の勉強会を企画・主催してくれることになりました。
有難う御座います!
感謝です!
ナムー

今回は初歩の初歩としての概説&実習中心なので、せいぜいが2年生くらいまでが主な対象となるのかな。

ただ、講師役の【Jin】さんは、このところの Redmine 立上げや事務所移転時の社内サーバー群(Linuxマシン含む)の面倒も見てもらっています。
Linux上でのPHP、Perl、bashなどでの開発経験も豊富なので、突っ込んだ質問をしたい人にも良いのかも知れませんが。

以前から「希望する勉強会」リストに載ってはいたんですが、なんとか実施の目処が立ち始めたので、実施日時の具体化に向けて動き始めてます。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:APF(ASPIRE Process Framework)?

以前に、定例会にて「A-UP」の見直しを行おう、
http://aspire.way-nifty.com/majime/2009/04/20090410-43b4.html
というお話を書きました。

実態は「見直し」などという消極的なスタンスではなく、実務や営業活動と並行してサンプル・プロセスの作成が進んでいます。

と言っても、「頭をひねってプロセスだけを考え出す」事をしても、大した意味を成しません。
適用するフレームワークやツール、受注における様々な前提想定、顧客側から見た発注規模(予算)、機能要件や機能外要件、その他を具体的に設定した上で、どの程度の品質・機能・成果物を納品できるものか?
どの程度の生産性が得られて、品質(手離れの良さ?!)はどの程度確保できるか?、擬似開発を経て実験的に1パターンのプロセスを設計してみようとしています。

対象となるシステムの想定寿命、顧客希望の納期と予算、ビジネス系の仮計画などとリンクしています。
先ずは、アスペアとして最も推奨する組み合わせ、現実として受注確率の高いステレオパターンを想定します。

但し、このプロセスが完成したとしても、「これでどんなケースでもOK!」っていう訳ではありません!
前述の通り(少ししか触れてませんが)様々な前提を置いています。
実際に他のプロジェクトに適用するにはカスタマイズが必須!
基本的な思想・前提が違う場合には、ほとんど考え直しになるでしょう。
それが「新たなプロセスパターン」になります。

世に「クリスタル」というプロセス(セット)が有りますが、無理やりに例えて言えば、このような「プロセス・セット」が完成(?)の姿としてイメージされます。

これらは実際のフレームワークやツールまで含んだ上で、実戦的な構成にしますので、必然的に適宜での見直しが必須です。
場合によっては、「取捨選択」(捨てる事自体が選択肢に含まれる)となる場合も有り得ると思います。

このプロセスセットがAPF(ASPIRE Process Framework)。
社内外に対して有効な武器になればと考えています。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご案内:IT資格所得の受験費用と報償

このブログ上に、アスペアの報償給付の対象資格・認定試験の全てを示そうとは思いません。

網羅的に何にでも規定済みという訳でもないし、規定済みの資格に対してしか受験費用・報奨金の支給がないという訳でもありません。
その辺は、小さな会社のメリットと言えばメリット・特性と言えば特性でしょうか。

最近、LPIC-1の取得をした技術者がいます(女性ですけど)。
今までに報奨金規定のテーブルには掲載していませんでしたが、事前の本人申請に応じて検討の結果、「現状でのアスペアはインフラ面で弱い。今後、エンドユーザー指向の営業活動・受注を進める上でもLinuxは重要な選択肢の1つである事に変りは無いので、報償の対象としよう&むしろ優遇すべきでは?」との判断から、「受験費用の会社負担」&「報奨金の給付(比較的手厚い給付)」としました。

本人からは「これ(報奨金)は貰い過ぎでは?」との申告もありましたが、現状のアスペアに有っては有用性の高い対象・評価の比重を当面は重くしたいとの判断を伝え、納得してもらいましたね。

早速、社内規定としての報奨金基準の情報をWiki上にて更新し、広報しました。
また、定例会の機会に、参加者全員の面前で報奨金を手渡しました。

これを機会に、ベンダー系認定・資格(特にDB関連)を中心として、先ず見直しを行いました。
今まで、明示的にはOracleオンリーだったのですが、MySQL、PostrgreSQLを加えました。
また、現実の市場で一定のシェアを占めていると判断できるSQLServer、DB2に関しても改めて検討・評価を開始しています。
またまた同時に、DB長者(RDB関連の資格取得を集中的に行う事により、かなり高い報奨金を集中的に取得する事)が成立してしまう事は本意では有りません。
その辺の歪みも出ないように、報奨金規定を考慮・検討中です。
一気に完璧な規約が構築できるとも言えないので、先ずは形を成し、運用してみて適正さを判断してみたいとも考えています。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記:おやつ盆が枯れた!

事務所が移転してから、共用の「おやつ盆」が枯れてしまいました...。

Pict2212
ミーティングテーブル(社内利用側)に置いてあるんですが、社員が出入りする通路横にあるのでつまみ易いんですけれど、供給してくれる人がいなくなったみたいです。
1つ残った「ハイレモン」と乾燥剤(意味有るのか?)が寂しそうです。

と言うか、移転後にバタバタと忙しくなったせいでしょうか?
いけません!
おやつは大切な頭脳の栄養・砂糖を補うためにも重要です!(本当か?)
週明けには出社するメンバーの数も増えるはずなので、先ずは少し仕入れて来ましょう。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:新しい仲間!

5/7(木)です!
会社によっては超大型連休の途中でしょうか?
景気状況も状況なので、仕事が無い(少ない)から休んでくれってパターンも結構多いかも知れません。

今日からアスペアに2人の仲間が加わりました!
お2人ともWebアプリ開発の実務バリバリの経験者です。
で、今後の社内的な共通知識でありたいと考えている「SAStruts+S2JDBC」の研修プログラムが準備済みです。

その他に、社員専用のコンテンツ(MediaWiki)や環境としての Redmine、Subversion などの説明を行います(これらをどんどん使って、当面の導入研修を行いますんでね)。
当然の事ながら事務手続き・連絡などなども行いますが。

つい1年前までは、私が導入時の複数のタスクを兼務していましたが、今は色々と便利なシステムの導入・運用が軌道に乗っており、私の手からは全タスクが手を離れました。
少し寂しいような気もしますが、より高度化する要件・基盤技術に対して、より高い生産性を求められています。
日本の知的生産性の低さ(国際的な比較として)を指摘されて久しい部分もありますので、「専門要員でない者(高度知識を保有していない者)の兼務」という形から脱した事は素晴らしい事です!

あとは、私自身がゴミ箱に入らないように気をつけなくっちゃ...。

はてさて、現行メンバーと一緒に仕事をして頂ける日が楽しみです!
おっと!、その前に歓迎会か!?

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:ナレッジ管理とMediaWiki

以前から、定例会での「IT-Tips」、「勉強会(単発のもの)」、その他・自発的な調査結果などのレポートを、社員専用Wiki上にアップしてもらっていました。

ただ、ナレッジ(主に形式知)集約のポリシーが絞り込めていなかったので、Wiki上のあちこちのページに分散してしまっており、集約自体も不徹底だったりしました。
ナレッジをアップした人、活用した人の把握や表彰なども行ってこなかったので、運用が良い意味で十分に回転していたとも言えませんでした。
ただバラバラと情報は貯まり続けていましたが...。

これらを改善すべく、ナレッジと言えそうな情報を新たなインデックス・ページからのリンクとして再集約し、リンクの切れたナレッジはリンクを張り直し、最低限のカテゴライズをして配置をしました。

まだ、「ナレッジ提供者の表彰」、「活用者のカウントの仕組み」、「活用レポートの収集や表彰」までは漕ぎ付けていませんが、思ったよりはナレッジ登録が順調に伸びてきているように思います。

そもそも論として、「アスペアのような30名足らずの技術者集団内でナレッジを管理する意味がどれほど有るのか?」といった論議もあります。
私自身も、恐らく少なからずの社員も同様に考えていると思うのですが、「意義は有ります」!
アスペアは技術面でもプロセス面でも、とにかく顧客の利益になる事に拘っています。
この世に「唯一絶対の技術・プロセス」など無いですし、「拘って良いモノを残す・顧客の高い満足を得る」には、個別ケース毎の工夫が欠かせません。
かと言って、当然ながら前提となる知識や技術、基本的なヒューマンスキルやビジネススキルも大切です。
現実的な制約も、大抵の場合はとても大きく・数も多い。
それらの現実の中からベターな解を選択しつつ、実行し、振り返り、改善を試みていくってのは中々に難しい事です。

単なる情報、形式知でも、整理・集約された上で現実的なコメントが加えられていないと、なかなか単純な情報でも活かし切れない。
暗黙知なら、普段からの共有の為の様々なアクションを計画していかないと伝達できません。

これらを実現する為に、拘りと自負の強いアスペアメンバーの抱えているナレッジを集約・管理する意義は十分に有ります!

で、ここで重要なのは「アップする習慣・空気・社内文化」です!
それらを「支援し、評価する会社」でなければなりません!
また、貯まっていくデータが腐海にならないよう、寿命の短いデータ(時節ネタ)やトレンドから外れたデータなどは、どんどん抹消していく必要もあります。
でなければ、出来る人間ほど「無駄な事の習慣化が続いて、無駄にコストを捨てている」ことを見抜きます。
活きたデータを、活かすことが大切です

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会:英語に親しんじゃおうWG

業務とは別枠での自主的な勉強会として、幾つかのワーキング・グループ(WG)が立ち上がっています(「ユースケース実践WG」、「S2WG」)。

今回、「英語に親しもうWG」が発足する事になりました。
ちょうどゴールデンウィークに差し掛かってしまったので、実施第一回目は次回定例会(5/15(金))の終了後、ということになりました。

つい先日にゼロ回目(?)を実施して、「何を目的とするのか?」、「ゴールイメージは?」、「具体的には何を使ってどんな進め方をするか?」、「実施の初回はいつ?」、「代表者の決定」などについてディスカッション・決定しました。

「英語の講師を招いて、英会話の習得を目指そう!」などというものじゃありません。

我々ITエンジニアであれば、どうしたって外国発の技術に多く触れます。
ネット上で情報検索しても、外国語(特に英語)での情報がヒットする事は当然で、特に最新の・或いはより込み入った、より実戦的な情報を得ようとすれば、英語サイト以外はヒットしなかったりしますね。

そんな時に、「うひゃああ~~っ」と何も無かった事にするが如く、Webブラウザを終了させたりするようじゃ話になりません!(そんなヤツはいないか?)
特にIT・ソフトウェア関連は一般的な(一見すると突飛な?)言葉に、特有の意味を持たせたりするので、翻訳サービスを利用しただけでは、返って訳が分からなくなる場合も少なくありません。

やっぱり、「うっひゃあ~~っ!」とならずに、先ずはざっと英文を眺められる程度にはなっておく必要があります。

とまあ、ある意味で敷居を低くしてスタートするワーキンググループです。
目的が「親しもう」なので、毎回参加する必要も無し。
都合の付いた人間が集まって、興味のある、ある程度メジャーなモノの情報が記された英文を「声を出して読もう」(1人づつですよ!、全員で唱えたら怪しいですから)って設定です。

時間も短めに、30分~せいぜい60分まで。
う~ん、どんな感じになるんでしょうかね?
ちょっと楽しみです。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »