« 定例会でした(2009/06/12) | トップページ | 勉強会:S2WGの今後? »

勉強会:ユースケース実践WG(4)

6/14(日)-AM10:00~12:55、ユースケース実践ワークグループの4回目の活動を実施しました(名著:「ユースケース実践ガイド」がベース)。
1名が腹痛で欠席、6名での実施になりました。
午前中の頭の冴えている内に集中実施して、終わってから昼メシにしようってことです。

土日はビルの入館制限がされているのですが、各人が所持しているセキュリティカードのセキュリティレベルに差異があるということが始めて分かりました。
レベルの低いカードを持っているメンバーが自力で建物に入れず、ちょっと開始時点でオロオロしましたが...。

普段、別プロジェクト、別現場であったりして顔を合わせないメンバーも一同に集まり、書籍ベースに解釈・認識合わせ、身近な現実とのマッピング、実用への適用・応用可能性などについて話し合います。

Pict2238 元々が米国の著者なので、当然(?!)ながら翻訳本をベースにしています。
翻訳時点での日本語・日本の表現習慣などへのマッピングに苦労されたりしたんでしょうね。
実戦的で分かり易い、かつ正確な定義に努めてくれている分、文章構成・表現的に日本人に違和感のある部分が少なくありません。

1人で読んでいると、自分の経験・認識範囲から判断して飲み込んでしまいますが、数名が集まると、すんなりと同一認識に至らない。
当然だと思って読み進めてしまっていながら、実は理解していなかったり。
勉強会として複数名で話す場を設けると、この辺の不完全さ・認識の危うさを客観的に補完できますね。

予定を(やはり?)オーバーして、約2.5時間で終了。
各章末の練習課題(これが最も勉強会として期待していた部分でもあるんですが)で、熱く燃え上がります。
真剣な議論に笑いが混じりながら、活発に和やかに、ワイワイと時間が過ぎていきました...。

途中で数分の休憩をしましたが、この機会を活用して具体的な技術解決の為の情報交換、サンプルの受け渡しなどをしているメンバーもいました。
嬉しいですね。

さて、次回の開催に関してはスカイプでのオンラインミーティング(全員!)という方向になりました。
プロジェクト毎にローカルで使用しているケースは有りましたが、グループミーティングに利用するのは初めてです。
事前にスカイプのチェック機会を設けるなどして、最悪は対面で実施しようというバックアップ設定をしつつトライしてみることにします。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

|

« 定例会でした(2009/06/12) | トップページ | 勉強会:S2WGの今後? »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会:ユースケース実践WG(4):

« 定例会でした(2009/06/12) | トップページ | 勉強会:S2WGの今後? »