« お仕事:仮想化ってば | トップページ | 定例会から:スピーチ立候補! »

定例会から:「Open-jACOB Draw2D」

暫く技術面でのお話が無かったので、久し振りに。

先日の定例会(8/28)で、「Open-jACOB Draw2D」の紹介とデモを行いました。

事前に社内用Wikiにナレッジ・インデックスからの構成ページへのリンクとして作成してくれた上で、当日の概要説明と、実際に動作させてのデモを見せてくれました(ちなみに、写真ではスクリーン近くの人員しか写ってません)。Pict2249 Pict2248

クライアント独立の実装(JavaScriptのみ)で、多くのWebブラウザと版数をサポートしている、という点が特徴です。

未だα版のレベルらしいのですが、デモを見る限りの動作面では「凄い!、面白い!」ものでした。
「凄いだけで重くて使い物にならない」ようなものではなく、ちゃんとパフォーマンス面も考慮した実装になっているようです(WebブラウザのJavaScriptインタプリタ、レンダリングエンジンの負荷を下げるように、Divタグを自動結合したり...)。

「絵が描ける」というだけではなく、「2Dの描画オブジェクトとして動的に変更できる!」(写真では、UMLライクなオブジェクトの間に関連を示す線をユーザー指定で結んでいるところ)点です。
「JavaScriptでVISIOを作ってしまう」為のライブラリ、と言えば分かり易いでしょうか。

しかし、作成したオブジェクトの情報をセーブする機能が未だ実装途中(かなり不完全)のようで、せっかく作った図が保存できません...
シリアライズはできるようですが、デシリアライズしても基のオブジェクトや配置が再現されないようです。

おまけに、最初につまずいた点が「IE8では動かない」。
たまたまデモに利用したマシンにIE8が入ってたんですね。
対処方法は有るのかも知れませんが、時間が無かったので別ブラウザでデモを継続しました。

「これを活用して、即、何かをしよう!」という訳ではないのですが、JavaScriptというWebブラウザローカルな技術でここまでできる!(しかも、一応はクロスブラウザで!)というのは凄い!

アスペアもWebアプリ専門開発屋として、RIAの波にどんどん乗っていかないといけません。
少なくとも、当日の参加者たちに少なからぬインパクトを与えた事は確かでしょう。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

|

« お仕事:仮想化ってば | トップページ | 定例会から:スピーチ立候補! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定例会から:「Open-jACOB Draw2D」:

« お仕事:仮想化ってば | トップページ | 定例会から:スピーチ立候補! »