« お仕事:カラオケボックスで仕事(2) | トップページ | お仕事:消臭剤は必須アイテム!? »

雑記:2次元で疲労?

仕事がら、と言うか、現代の必須のオフィスツールとしてPCに向かう時間が非常に長いです。

人間という生き物は、本来はそんなに近くばかりを見て生きているモノではない。
2次元の視界で生きているものでもない。
3次元の視界が大半を占めているはず。

昔っから「30分ディスプレイを見たら10分休憩しなさい」とか(詳細数値はともかくとして)言われますが、単純に「眼精疲労」という点以外で人間を消耗させる要素があるように感じます。

私自身、今は現場での開発は行っていませんが、PCに向かっているとつい集中して休憩を取らなくなる。
続けていると「行き詰まり感」を感じるようになってきます。
思考が微視的になり、俯瞰できなくなってきます。

タバコを吸う人は、良い意味では休憩のリズムを取る事ができますね。
吸わない人はコーヒータイム?、トイレ休憩しか無いか!?

数十cm単位での視界でなく、自然な範囲での遠くを見る。
視点を動かす、3次元の視界を捉えて頭をリフレッシュさせる。
軽く首を回すだけでも良いから、首のコリをほぐして脳への血流を促す。

歩く、或いは軽く走っている方が脳の働きが良くなると言う話も聞きますが、血流(脳への酸素供給)という点だけでなく、視覚への3次元刺激が続くという点にもあるのかも知れません...。

高次機能外来でも著名な、築山 節氏著の「脳が冴える15の習慣」にも、長時間の視界の2次元固定は良くない、といったことが書かれていました。

狭い2次元平面であるディスプレイを眺め続けると、眼の筋肉も疲れます。
眼や肩・首のコリを感じたら(出来れば感じる前に)、とっととリフレッシュしましょう!

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

|

« お仕事:カラオケボックスで仕事(2) | トップページ | お仕事:消臭剤は必須アイテム!? »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑記:2次元で疲労?:

« お仕事:カラオケボックスで仕事(2) | トップページ | お仕事:消臭剤は必須アイテム!? »