« 雑記:市民ランナー増加中 | トップページ | 定例会から:顧客評価を共有したよ! »

お仕事:シルバーウィークの出勤

いつの間にか、「シルバーウィーク」と言う名称が定着しちゃいましたね。
土曜日を休日としてカウントした場合、暦上では5連休でした。

社内の殆どのメンバーは暦通りに過ごせたようですが、一部(2名?)のメンバーは3連休しか取れなかったようです。

と、こう表現すると「デスマーチ」を思い浮かべるかも知れませんが、何と言っても今年の9月は稼働日が少ないです!
元々が超短期案件で、独自開発プロセスでのアジャイル開発なので、とても5連休を取っている余裕はありませんでした。

とは言っても、メンバー側で特急で作ったプロトタイプの質と完成度が高かったので、サブチーム全体としてのリスクを相当量抑えられたと思ってます。
通常勤務日も、退勤時刻が遅めとは言え、決して終電ペースや午前様では有りません。

今回の開発プロセスは、顧客側独特のものです。
プラクティスとして突飛なものは無いのですが、良く構成されていると思います。
後回しに出来るものは思い切って後回しにし、大きな時間効率を得ながら精度・品質も確保しよう、リスクコストも抑えようとする大胆なプロセスです。

ただ、この手の思い切ったプロセスに有りがちですが、要所を押さえるメンバー達には、結構高いスキルが要求されます。
今回、この部分を担う事ができ、結果も現時点までは上々なのは、とても嬉しい事です!

が、しかし!

現実としての厳しい報告が挙がって来ました。
ユーザーからの要求が大きく変動して、大幅な手戻りが発生するとの事。

このような事態を恐れて&事前回避する為の開発プロセスだったはずなのですが、難しいものですね...。
誰かを悪者として糾弾するのではなく、どうすれば、よりリスクを抑えられるのか?、引っくり返った場合のコストを抑えられるのか?
現在の仕掛り案件からでも、可能な範囲で活かして行きたいものです。

ただ、見方を変えれば「効果が有った」と解釈する事もできます。
これをウォーターフォールで開発していたら、ユーザーの受入れ試験の時点で、NGが発生したかも知れない訳ですから。

そこから作り直した場合の時間とコスト。
様々な調整と交渉。
開発メンバーへの負担とストレス。
想像しただけでも恐ろしくなって来ます。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

|

« 雑記:市民ランナー増加中 | トップページ | 定例会から:顧客評価を共有したよ! »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:シルバーウィークの出勤:

« 雑記:市民ランナー増加中 | トップページ | 定例会から:顧客評価を共有したよ! »