« お仕事:またSkype会議 | トップページ | お仕事:パンデミック?定例会を延期 »

お仕事:お客様に評価を聞く

請負契約の場合には成果物、或いはトータルでの満足度を探らなければなりませんが、人ベースで協力させて戴いた場合には、対象となる人の評価を顧客側・担当の方に直接インタビューさせて戴いています。

担当の方が多忙、或いはその他何らかの理由で対面でのインタビューを望まれないときは、事前に用意してあるExcelフォームをベースに記入、電子メールで返送して頂くというパターンも取っています。

先日、都内の或る場所に訪問しました。
現場での直接の管理権限のある、実際に稼動しているリーダーの方にインタビューに応じて頂けました。

相手の方に関して、メンバーの方からは「マネージメント力の高い優秀な方で、周囲からの評価も非常に高い人」と聞いていたので、ちょっと緊張。
多忙な中から貴重な時間を戴いて申し訳ないなあ、とか。
気難しい人だったら、気分を害してしまったら困るなあ、とか。
鋭い観察力で、人員管理者としての自分の無能を見抜かれたら怖いなあ、とか...。

相手の方がどう感じたかは分かりませんが、戴いた「メンバーへの評価」は、果たして非常に良いものでした。
有難う御座いますっ!
メンバーの方にも感謝・感謝です!

で、1つだけ課題に関しても教えて頂けました。
「気付く能力が非常に高い」のは良いが、「発言するまでに、もう少し掘り下げて考える」ことをしても良いのでは?、と。

問題視されるようなレベルではないし、「気付く」ことの難しさを考えれば、現状のままでも評価は高い。
しかし、総合力が高いだけに「惜しい!」、と。

アーキ志望の人間なので、非常に良い評価と、非常に有り難い指摘を戴けました。  ありがとう御座います!

確かに「気付く」ってのは、かなり「地頭」(基礎力)です。
鍛えたいと思っても、思うように鍛えるのはかなり難しいでしょう。
鍛えることが出来たとしても、「安定して力を発揮し続ける」のは更に難しいです。

分析力も思考力も有るので、あとは組み合わせるだけ。
未だ20代なので、焦る必要は有りませんね。
無駄にのんびりする必要はありませんが。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへランキング挑戦中!

|

« お仕事:またSkype会議 | トップページ | お仕事:パンデミック?定例会を延期 »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:お客様に評価を聞く:

« お仕事:またSkype会議 | トップページ | お仕事:パンデミック?定例会を延期 »