« 勉強会:ユースケース実践WGにゲストを! | トップページ | お仕事:H2Databaseフォロー »

お仕事:怪しい要求・矛盾の具体化

ユーザーに悪意はありません。
自分たちがお金を払うんですから、わざわざおかしな要求を、意図して出してくる事は無いんです。
だから困るんですね。 発見が難しいんです。

契約形態とか商流とか、そういった事を別として。
アスペアから1名だけ参画させて頂いていたプロジェクトにて。
ユーザー(システム化要求を持つステークホルダー)からの要求が、次々と出て来ます。
プロトタイプを提示しても、どうやら静的なものではイメージがつかめなかったようで(多くの場合が同様でしょうが)、一旦確定したはずの要求・システム化仕様がどんどん変容して行きます。

反省点や今後への取組みは後で考えるとして(課題のメモだけは忘れずに、と)、先ずは今現在のリスクをコントロールせにゃなりません。

要求の変更の上に変更が重なって、更に重なって...。
ん~~、何か変じゃないか?
変になっちゃったんじゃないか??
どこかが論理矛盾してるんじゃないのか???

イヤ~な直感はある。
しかし、具体的に「ここ!」とは示せない。

ウチのメンバーは、ここで勉強会でも学習中だったユースケースを書いてみました(「仕様が固まらない」ことが幸いした面もありますが、「急がば回れ」を実践した場面でもあります)。
ちなみに、書いたのは「ユースケース」であって、「ユースケース図」ではありません。

「何か怪しい」と感じる周辺部分のユースケースを抽出し、詳細記述をしてみたそうです。
そこから、「明らかな矛盾」や「問題・非最適性」が幾つか見えました。

その認識と資料をベースにしてPMと会話し、要求自体の矛盾と、改善されるべき要求の姿を幾つか描き出し、ユーザーに提示・調整することとなりました。

いやあ、良かった。
要求の定義タイミングで間違ってしまえば、後工程でどんなに素晴らしい技術を適用しようが、何をしようが「間違ったもの」、「ステークホルダーに利益をもたらさないもの」でしかありません。

ユースケースを、「要求の論理分析の為」に利用できた!
それによって具体化・見える化でき、PMやユーザーと共有できた!!
プロジェクトがこけるリスクを、一部分でも回避できた!!!

これが自発的に、能動的に出来たという点が素晴らしいです!
こういうメンバーが社内にいてくれるというのは、とっても嬉しい事ですね。

Banner_02_2ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

|

« 勉強会:ユースケース実践WGにゲストを! | トップページ | お仕事:H2Databaseフォロー »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

とてもすてきなブログですね☆
この度、新規に逆アクセスランキングサイトを立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを「逆アクセスランキング」に登録して、もっと多くの人に読んでもらいませんか?
ランキングが上位に上がると多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

逆アクセスランキング
http://tenshoku-ex.jp/access_ranking

ご参加お待ちしています☆

投稿: 逆アクセスランキング | 2009年11月 4日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:怪しい要求・矛盾の具体化:

« 勉強会:ユースケース実践WGにゲストを! | トップページ | お仕事:H2Databaseフォロー »