« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の記事

硬い話:昇降給査定(2010)

アスペアの年度は3月1日始まりです。
なので、昇降給査定の時期に入っているわけですね。
査定期間は昨年3月頭~今年の2月末までですから、微妙な時期ではありますが。

で、アスペアは諸事情があって社長が交代しました。
先代社長は別形態のビジネスを展開していく為に別会社を興し、アスペアには取締役として席を残しています。
新社長に変わって未だ間が無いのですが、ビジネス的な展開を広げようと日夜活発に活動しています。

で、人事制度・考課システムに関しても見直しを進めている訳なんですが、同時に全てには手が回りきれません。
今回の年度切り替わりのタイミングでは、旧来の考課方式のままで進めることになりました。

新社長が「全員の面談に同席する!」との方針なので、これを踏まえて調整します。
現状では自社持帰りの開発比率が少ない(契約形態に関わらず)ので、面談の為には社外を転々と渡り歩く事になります。
これって結構大変で、時間もコストも掛かります。
でも、現状を前提に考えれば仕方が無いですね。

アスペアの考課方式は、色々と改訂の変遷はありますが、基本的に「自己申告ベース」である点では変わりはありません。
面談の席では、その自己申告内容の正当性の認識合わせが、主たる目的の1つとなります(大分以前にも書いてますが)。
http://aspire.way-nifty.com/majime/2007/11/post_9773.html

考課システムは、その会社の文化・風土を反映します。
なので、「これが絶対の正解」ってのは存在しないでしょう。

しかし、「我々にとっては、これで完璧!」ってのもなかなか難しい。
現在の形態で数年続いてきましたが、「改善が必要」との認識が段々と広がって来ています。
社長交代は、丁度良い機会だったと言えるかも知れませんね。

制度の改訂は社内プロジェクトとして発足し、役員以外も参加して検討されています。
より現実的で、より多くのメンバーにとって納得感の高い考課になると良いと思います。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会:久々にオフラインで!

「ユースケース実践ワーキンググループ」の活動を始めて、早1年が経とうとしています。
早いモンですねえ...。
最終回は、今後の新シリーズの打ち合わせもあるのでオフラインで(対面で)やろう!ってことになりました。
ので、2/20(土)-15:00に事務所に集合です。

「月に1回のペースで勉強会を実施して、大体1年で終るだろう」という目安と目標(?!)を掲げてやって来ましたが、とりあえずスケジュール的な消化は達成できました!
(初期の計画・調整の期間を除くと、10ヶ月で完了でした!)

さて、肝心の目的は「ユースケースの実戦的な適用能力を身に付ける(前提となる知識固めや課題演習)」だったわけですが、その点での成果はどうだろう?

テストが有るわけでもないので、明確で客観的な判断は付きません。
ただ、「机上の空論」だけに時間を費やしてきたわけではなく、参加しているメンバー各人の経験や実例を交えてディスカッション(Skype含め)して来ましたので、その過程自体の意義も大きかったんじゃないかと思ってます。

終盤は「振返り」をしましたが、要約だけ記載してみます。

■Keep:
※選択した書籍が良かった(「完璧!」とまでは言いませんが...)、
※Skypeを適用した点で参加し易かった!、脱落しにくい、途中参加も可能!
  ・実際に、途中(しかも終盤!)から参加したメンバーが2人いた。
※グループリーダー(【Ao】さん)の取り回し、毎度の司会が良かった!
※毎回、「章の担当者を決めて」事前にサマリーを配信した。
  ・負担が特定のメンバーに集中しないようにした点が良かった!

■Problem:
※翻訳本である為か、「?」な点も少なくなかった(文化的な違いも?)。

■Try:
※今後も別の書籍で続けたい!
※同時並行して複数の本を扱っても良いだろう!(2冊が限度かな?)、
  ・各人推薦の書籍を持ち寄り、お互いに拾い読みをしてみた。

開始から2時間を過ぎた辺り(17時過ぎ)で、勉強会の打上げの為に街に繰り出しました。
私は別に用事があったので参加しませんでしたが、盛り上がったんじゃないかと思います。

普段、所属プロジェクトの違うメンバー同士が顔を揃えて(或いはオンラインで)やり取り出来るってのは、やっぱり楽しい事ですね。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:isAdmin

「いきなり何だ??」と思われた方が多いかも知れませんが...

最近、業務提携させて戴いているJNS株式会社さんの自社製品:Webの改ざん検知・自動復旧ソフトウェアの製品名称です。

Gumblar(ガンブラー)ウィルスの猛威の影響という点もあるのでしょうが、企業が様々な対投資効果を期待・計画してコストをかけているWebサイトの情報が改ざんされるのですから、たまりません。
話題に出すと、関心を持たれる企業さん(担当者の方)が増えています。

結果としてユーザーの不利益を生じ、アクセスした先の(改ざんされた企業の)イメージ悪化や宣伝の逆効果も覚悟しなければならなくなります。

アスペアは基本的には(少なくとも今現在での業態は)ITシステムの受託開発の会社ですが、対象システムが「離れ小島のように、1つだけプカプカ浮いている」ということは先ず有り得ません。
既存システムとの連携や移行、運用を支援するツールやシステムとの関わりも必須となります!

その1つのサービスとして、JNSさんのisAdminを取り扱わせて戴いている、という状況ですね。
単に「既製品を担いで売って歩く」のではなく、より密に連携して行こうという話もさせて戴けています。

これから、様々な方向からお客様への提案が出来て行ければと。
その為に、技術部は勿論の事ですが、営業グループでも勉強会を開くなどしています(JNSさんのご支援も戴いています。有難う御座いますっ!)。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Mファイル:持病

なんだか凄いタイトルですね~~.....
「元も子もない」って感じです。
でも、別に特殊な施設の話題じゃありません。

「健康」の定義ってのも難しいとは思いますが、特に不自由なく日常を暮らしている人間でも、持病の1つや2つは持っているんじゃないでしょうか?
まあ、確かに「何にも無いよっ!」という人もいるでしょうが。

アトピーや花粉症も含みます。
風邪にしても、「異様に引き易い」場合は持病に近いです。
血中の鉄分が凄く少ない(貧血気味)なんてのも、立派な(?)持病と言えるでしょう!

季節に相関して症状が出やすいものの代表が「花粉症」でしょうね。
私もそうですが、「今年は軽い目」との予測が出ているので、ちょっと嬉しかったりします。

人によって症状の出方も違うので一概には判断できませんが、プロジェクトのピークが「症状の酷くなる時期」に重なりそうな場合は要注意です!

特に、要求・要件定義~外部設計のようなリスクの高い工程と重なる場合、全体が短納期な上に反復を繰り返すようなプロセスの場合はドキドキです。

更に、季節に相関する持病を持ったメンバーが、同じ季節にリスクを抱えている場合は本当に心配ですね。

逆に言えば、可能な限りは、そのようなメンバーリングにならないように気を付けます(でも、「気を付けようが無い」って場合の方が圧倒的に多いんですけどね)。

喘息、メニエールなどはストレスにも相関します。
これはもう、可能な限り「楽しく(充実して)仕事をしてもらう」しかありません。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記:鹿児島で「オギャー!」

5年前に結婚式に出席させてもらったメンバー(男)に、赤ちゃんが誕生しました!
初産だったので多少遅れるかと思いましたが、ほぼ予定通りの出産!、立派です!(ちなみに、元気な男の子でした)

2人とも実家が鹿児島なので、奥さんも実家に戻っています。
出産の報を聞いて、早速空路の席を確保。
当日の内には鹿児島に移動してました。
(あと1ヶ月遅い時期だったら、簡単にはチケットが手に入らなかったかも知れません。この時期で良かったです)

つい直前の週に月例のミーティングをしたばかりでした。

プロジェクト内でも早い内から事前に調整しておいたので、数日は赤ちゃんと一緒に過ごせます。
しっかり「パパ」を実感して来てくれい!

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:異動

キャリアプラン的にも、本人のモチベーション維持的な面でも、余りに長く特定のプロジェクト(運用を伴った補完開発など)、或いは特定の顧客と関わり続ける事は、本人の為にはならない場合が多くあります。

もちろん、業務的な面、ドメイン依存・顧客事情に詳しくなることで、コミュニケーションや連携・作業効率が向上するという面は多分にあるでしょう。
新たな人員を入れた場合、その立ち上りには相応の時間を要します。

要求されるスキル、技術や業務・既存環境などの深い理解が求められる場合ほど、一人前に仕事が出来るようになるまでに時間もコストもかかるでしょう。

コストを負担する側としては、出来る限り長期の対応を、モチベーションを維持しつつ継続した方が良いに決まっている...。

アスペアでも、長くお世話になっているお客様が何社かいらっしゃいます。
特に、技術指向のレベルも高く、ビジネス的にも先進的で盛んなお客様だと、得るものも非常に多いと言えます。
なおかつ、自社人材・パートナー所属に関わらず、広く育成的な配慮をして頂けるお客様の場合には、「人材異動」というのは非常に悩ましい問題です。

幸か不幸か、ウチのメンバーに対しては、そこそこ高めの評価をして戴けている。
ありがとう御座います!、本当に嬉しいです!!
本人自身にも、ありがとうと言いたい!
でも、その分、異動はお客様にとっては痛手です。

折角の評価を戴けたのだから、いろいろな提案も聞き入れてもらえて来たのに、プロパーの方々や他のパートナーさんとも仲良く・連携して効率良く仕事が片付けられるようになって来たのに...

異動の調整・交渉を始めるときは、本当に緊張します。
単純にビジネス上だけの話ではなく、申し訳ないなあと思います。

しかし、自社のメンバーのキャリアプランを聞き入れて、策定を支援して、それを実行していくのは自社の責任です。
いろいろと話をしながら慎重に進めはしますが、やはり最終的には本人の意向と、それを客観的に聞いた上で判断・行動しなければなりません。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定例会から:ピザパーティ(初?)

1/21の定例会で、「顧客側で実施しているもので『良いな』と思えるもの・こと」を挙げてみました(1/26のブログにも書いてますが)。

その中から、早速「これ!」と評価できることを実践してみよう!

で、いきなり「食うこと・飲むこと」で恐縮ですが、「ピザ・パーティ」実行しました。

いや、アスペアの年度って3月始まりなんです。
新社長の下、新年度の始まりの直前にして、いろいろと社内外に改善をして行こうとしてます。
で、その所信表明じゃありませんが、キックオフ的な定例会(ショートコース)&全体交流の機会にしようってことで、急遽ピザパーティの準備と相成ったわけです。

当日は、土壇場で帰社できないメンバーが続出してどうなることかと思いましたが、6割のメンバーが出席(ちょっと少ないですが)。
ピザの注文数も、変更しようか?どうしようか?と迷いましたが、「変更なし」で行ってしまえっ!
ピザ・パーティでピザをケチってどうする!?

結果、Lサイズ3枚、Mサイズ1枚を軽く消化。
各種のお惣菜・つまみも色々と用意しといたんですが、お惣菜1パックのみ残して全て消化しました!
すっげー!
特別に若手の比率が高いってわけでも無いんですがね。

準備を担当した側としては、とりあえずトラブル無く、皆が楽しく過ごせたようなのでホッとしてます。

それにしても、電子レンジは大活躍でした。
冷凍枝豆、鳥の唐揚げ、野菜のごった煮。
20人近くの分をたった1台の(大した出力も無い)電子レンジでまかなうのは、ちょっと苦しいですな。
でも「暖かい食べ物を、暖かく戴ける」ってのは嬉しいです!

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定例会から:サロゲートキーのススメ

データベースのテーブル設計を行う場合の「基本」にして、極めれば「奥義」とも成り得る(?!)基本テクニックの1つ、「サロゲートキー」についての話題がありました(IT-Tipsのコーナーで)。

自然キー(実在世界の要素そのままのキー。例:電話番号とか)は人間には優しい(分かり易い)が、仕様変更・拡張に弱いし、プログラム側での扱いが面倒な場合が多い。
つまりは、寿命の長い(と想定される)システムには、自然キーの採用は避けた方が良い。

この自然キーの弱点を回避する為に、システム内部で独自に割り付ける値(特別な理由が無ければシリアルな連続番号)を付けて間接的にマッピングする。
この場合の「システム内部で割り付ける」キーがサロゲート(代理)キーですね。

手法としての知識・実用経験が有っても、「サロゲート」という用語として知らなかったメンバーも何人かいました(私も知らんかった...)。

しかし、概念は知っていても、実務上のどのようなケースで、どう判断するか?
無闇にサロゲート化すれば、内部仕様的には分かり辛くなり、バグ発生率が高くなり、テストの効率も精度も低下します。
つまりはコストも上がるってことです。
当然ながらパフォーマンスも落ちますね。

また、最終的にドキュメント(ER図)をリバース作成しようとした場合にも、ツールによっては属性を正しく認識しなくなる場合も有るようです。

で、Tipsの発表をしてくれたメンバーからの出題、と言うか問い掛け。
「例えばメールアドレスのような、それ自体としてプライマリキーになりそうなフィールドで、関連付けを絶対に行わないと分かっている部分をサロゲート化するべきか?」

幾つか意見は出たんですが、「そのフィールドの内容が変化した(意味的な変化はしていない)としても、任意の1レコードを指し続けなければならない場合に対して、サロゲートキーを適用すべき」との指摘がありました。
なるほど、ごもっとも。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勉強会:ユースケース実践ワークグループ

去年の2月から開始している「ユースケース実践ワークグループ」。
書籍「ユースケース実践ガイド」をベースに輪講というか、順番に章を担当しながら事前にサマリーを作成・配信し、サマリーを元に発表・ディスカッションを行って来ました。

実務に支障を来たさない範囲で進めて来ましたので、1冊完了するのに約1年を要しましたね。
年末年始はバタバタして1回スキップしてしまいましたが、基本的には月1回のペースで実施してきました。

平日は難しいということで、土曜の午前中に2時間ほど確保するパターンが多かったです(殆どSkype会議でした)。

どうやら次回(11回目)で終了しますが、「さて、次の本は何にしよう?」。

既に幾つも案が出ていますが、それにしても勉強会としては暫く顔を合わせていない(当然ながら仕事では会ってますが)。

最終回は対面でやろう!
ついでに打上げをやろう!!
顔を合わせるなら、次回以降で使いたい書籍を持ち寄ろう!

「ユースケース駆動開発実践ガイド」、「ビジネスパターンによるモデル駆動設計」、「Googleを支える技術」、その他色々。

ということで、次回は土曜日の15時から事務所で、という設定に落着きました。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記:ファースト・ラン

これは企業ブログです。
なので、基本的には私個人の事はあまり書かないようにしています(ネタ切れで苦し紛れに書くこともありますが...)。

ですけど、たまには書かせて下さい。
「10km、走りました!」
新宿シティハーフマラソンで、10kmの部にエントリーしたんですが、昨日(1/31)が大会日だったんです。

元々はストレス解消・気分転換・健康維持の為に走り始めただけで、10kmなんて絶対に走れないし、走ってみようとも思ってませんでした。

ところが、去年の夏に「どうにか10km走れるようになっちゃったぞ!」ってことで、家で晩酌していた時に、酔った勢いでWebサイトからオンライン登録しちゃいました(ちなみに3200円だった)。

40歳以上は自動的にクラス(年代)別に分類され、ゼッケンの色も違ってきます。
私はあと2ヶ月足らずで50歳(!?)ですが、分類上は「40代クラス」。
40代最後にして、生まれて初めての大会エントリーです。
学校でもマラソン的な類のイベントに参加したことは有りませんでした。

体力(生命力?)のベースが乏しいので、ちょっと練習し過ぎると疲労が抜けなくなります。
そうなると3kmと走れなくなっちゃいます。
どうしよう?  出られるのか?
完走できないなら出たくないなあ...
でも3200円払っちゃったし。

大会日が近付くに連れ、そのことが頻繁に頭に浮かんで、どんどんナーバスになって来ます。
はやく走って終わりにしたいっ!!!
早く開放されたいっ!!!

.....終りました。
完走できました。
大人数の中で走るのは難しいです。
自分のペースを維持できません。
もの凄く疲れました。
最後には、もうヘロヘロのフラフラでした。
まあ、完走出来ただけで良しとしようと自分に言い聞かせ、記録証を受け取りに行きました(胸のゼッケンに発信機が入っているので、自動的にタイムが記録されます)。
自分のゼッケン番号を見てくれて、その場でPCでプリントしてくれます。
あれれ?、今までで一番早く走れました(と言っても、58:17ですが)。

う~ん、まあ、結果オーライ。
返ってストレスな部分が無くも無いですが、やっぱり大会に出てみるってのは刺激的で面白いです。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »