« 雑記:シベリア鉄道を行くですか? | トップページ | 勉強会:中国語講座 »

お仕事:どうすりゃいいの?

契約形態的にSES(System Engineering Service)の場合に生じ易いかと思うのですが、「どう判断・行動すべきなんだろう?」と悩むシーンがあります。

単純な受発注関係のみならず、各関連会社同志の契約・承認の積み重ね・前提や、必ずしも文書化されないような役割分担とか、取り決め事項。
組織間の関係の深さや、それに応じて存在する慣習(善悪は別として)。
各々の会社にとって、確保したい利益、掘起したくない(されたくない)問題点の数々。

いろいろな「しがらみ」がある中に飛び込む結果になってしまった時に、どんな基準で、どう判断・行動したら良いのか?

法に反する場合はともかくとして、商習慣、技術者としての一般常識、自身のこだわりやプライドと、どうバランスを取る?
余りに私的なものを過剰に振り回すのは当然NGでしょうが、時と場合と、振り回す「こだわり」の内容にもよるでしょう。

では、法には反しないけど、自分が認識している良識には反している場合。
だけど、発注元の利益を守る為には優先しなければならないこと、行動・連絡手順などが有ったりします。
発注元の利益を確保できなければ、自社への支払いに支障が出るかも知れません(つまりは、自分のサラリーに影響するかも?、会社が傾くかも?)。

これは辛い。

難しくは無いのかも知れません。
ある意味では、単純に考えれば良いのかも。
しかし、悩ましいです。

普段から、いろいろとこだわりを持って仕事をしている、勉強会なども開催・運営しています。
お互いが刺激し合い、切磋琢磨している。
勿論、ビジネスなので利益が上がらなければ意味が無い、生活できない。

利益との接点の無いこだわりでは厳しいです。

しかし、前述のような厳しいシーンでは、良識よりも利益確保を選択するという切ない・情けないケースも有り得ます。
出来るのならば、このような仕事はしたくないです。 正直を言えば。
共通の利益を見つけて、その為に改善が出来るのなら話は別ですが...。

事前に分かる場合は回避できますが、蓋を開けてみたら実は...と言ったケースでは、簡単に「リセットする」ってわけにも行きません。
それでも経験値が上がれば、事前に検知する事も可能になって行きます。

可能な限り、顧客への貢献度(お客様の喜び)と、働く満足度(自分達の喜び)のベクトルが近い(&大きい)仕事をして行きたいものです。
勿論、そんな仕事を任せて頂けるよう、実績と信頼を積み重ね続けるべく、努力し続けたいと思います。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

|

« 雑記:シベリア鉄道を行くですか? | トップページ | 勉強会:中国語講座 »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:どうすりゃいいの?:

« 雑記:シベリア鉄道を行くですか? | トップページ | 勉強会:中国語講座 »