« 定例会から:小さなチーム・大きな仕事 | トップページ | 雑記:あらびっくり! »

勉強会:対象書籍が決まった!

書籍ベースでの勉強会(シーズン2!?)の書籍選考の件(http://aspire.way-nifty.com/majime/2010/03/post-3fea.html)ですが、投票の結果、とりあえず2冊に絞りました。

■[1位]ユーザビリティエンジニアリング原論
 ―ユーザーのためのインタフェースデザイン
 東京電機大学出版局(!)、ヤコブ・ニールセン著
2002年に出版された本で、IT系の書籍として考えると決して新しいものではありませんが、基礎の概念・知識からしっかり固めるという点では良いのでは?
RIAだ何だと、具体的な実装技術としてはいろいろありますが、基礎をしっかりと押えた上で「振り回されずに活用する」ことが出来るようになればと思います。

■[2位]Domain-Driven Design(英語 原著)
 (+)Domain-Driven Design(Quickly 日本語版)
 エリック・エバンス著
2003年に出版された本で、和訳されてませんね!
要約のPDFがフリー(無料登録のみ必要)で出回っていますので、これを補助教材として読みつつ、原書も読み解いていく形になるかと思います。
これを選んだメンバーの中に、ボランティアでネット上の技術情報の和訳をやっているメンバーがいるんですが、依存するわけにも行きません。
基本的には持ち回り制で、担当を巡回で決めて章毎に進めていくような形になるかと思いますので。

それにしても、個人的にはちょっと意外な結果でした!
特に、シーズン1:「ユースケース実践ガイド」の延長線上にある「ユースケース駆動開発実践ガイド 」に至っては、投票ゼロでした。
まあ、ほぼ1年間をかけて、数名で時間と労力を共有していこうってんですから、新味と本音としての関心・興味が持てないと続きません。

そもそも本当に2冊を並行して実施して行けるのか?
洋書で大丈夫?、とか(ほぼ全員が懸念しているようですが)、
どうやって進めていくか、近日中でディスカッションする予定でいます。

実施途中でいろいろと問題・障害が出るかも知れませんが、アイデアを出し合って改善しながら進めていけるメンバーだと信じています。

ご支援、宜しくお願いします!ブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しく!

|

« 定例会から:小さなチーム・大きな仕事 | トップページ | 雑記:あらびっくり! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会:対象書籍が決まった!:

« 定例会から:小さなチーム・大きな仕事 | トップページ | 雑記:あらびっくり! »