« 勉強会:「Domain-Driven Design」 | トップページ | お仕事:顧客評価のお願い »

定例会から:「世界を変えるデザイン」

定例会のレギュラーコンテンツとして「5分間スピーチ」というものがあります。
他社でもよくやってますよね?
話題に制限は有りませんが、基本的に5分間丁度に収めることが条件です。

今回は長身の【Os】さん。
エンドユーザーさんにシステムを納品した数日後の定例会出席でした。

お題は書籍ベース(確か前回もそうでしたね)「世界を変えるデザイン-ものづくりには夢がある」(シンシア・スミス著、ISBN-13:978-4862760586)。

工業デザインに興味・関心の強い【Os】さん。
ここでの「デザイン」とは、「見た目」と言うよりは「機能性」の比重が高いようです(「工業デザイン」なんだから当たり前か?)。

「デザインは10%の人にしか役に立っていない」
「残りの90%の人達に役に立つデザインをしよう!」
という指向で、「ライフストロー」(水質の悪い川などでもろ過しながら直に飲める)などのデザイン例が示されました。Pict2302

「世界を変えるデザイン展」として、6/13まで東京ミッドタウン/アクシスギャラリーの2ヶ所で実施してますね。

依頼に基づいてデザインする場合と、自ら企画・デザイン(&売り込み?)する場合も有るでしょう。
利用者に快適に使ってもらうことが大命題です。
対象物の寿命によっては収納性やメンテナンス性も重要になるはず。
故障したときの修理や交換の容易性も重要だと思います。

その点では、我々システム開発・サービス開発・運用とも共通する面が多いなあと感じました。
おもしろい書籍と催しの紹介をしてくれた【Os】さん、ありがとう!

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

にほんブログ村 ベンチャーブログへこちらも宜しくです。

|

« 勉強会:「Domain-Driven Design」 | トップページ | お仕事:顧客評価のお願い »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定例会から:「世界を変えるデザイン」:

« 勉強会:「Domain-Driven Design」 | トップページ | お仕事:顧客評価のお願い »