« SEカレッジ加入:参加 | トップページ | お仕事:プロジェクト終了でリフレーッシュ! »

お仕事:メンバーにインタビュー

インターネット系のビジネスはスピード勝負の側面が強いのですが、品質も確保しつつ技術的にも高い水準を維持するというのは、並大抵の人材・労力では難しいものが有ります。

お客様のサービスを支えている、そのチームのメンバー達(ここでは勿論、アスペアの社員)に、明らかにかなりのナレッジが貯まっている。
でも、ビジネスが活発なので(=開発や保守業務も忙しいので)、じっくりとナレッジを吐き出している時間が無い。

たまに定例会で話せるときも、どうしても全般的な話に終始してしまい、個別に細部に入り込むような話題で時間を費やす事が出来ませんでした...。

それならば、という事で、メンバーの方から「対面で思い付くところから話しながら、(私の方で)口頭筆記で、後で整理・要約してくれれば」、それをベースに膨らませる事が出来るかも知れない。
...と申し出てくれました。

なるほど!
と言うか、何で自分で思い至らなかったんだろう?、とちょっと後悔。

仕事の谷間を事前に見計らって、1.5時間位を調整・確保してもらい、先ずはリーダー位置のメンバー1名にインタビューしました。
内容的に再構成・整理し、社員用Wikiにアップし、同グループ(別サービス担当)のリーダー格やメンバー達に、補完・追記をお願いしました。

やっぱり土台があると書き易いですね。
手前味噌にはなりますが、顧客先からもアスペアメンバーの評価は高く戴けています(みんな、有難うっ!)。
ネットビジネス系の開発・運用は「指示を待って動く」ようなスタイルとは対極です。
各人の視点と意思を元に、拘って仕事をして来ているので、きっかけさえ適切に提供すれば、様々なナレッジが集約できます(恐らくは暗黙知が多いので、形に出来ている部分は少ないのかも知れませんが...)。

メールやWikiで「ナレッジ無い?」と問うばかりでなく、足を使って(SkypeとかIRCでも良いのでしょうが)ナレッジのシッポを掴むのも大切だなあ、と感じた次第です。

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

|

« SEカレッジ加入:参加 | トップページ | お仕事:プロジェクト終了でリフレーッシュ! »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事:メンバーにインタビュー:

« SEカレッジ加入:参加 | トップページ | お仕事:プロジェクト終了でリフレーッシュ! »