« お仕事:ナレッジには時間が必要 | トップページ | お仕事:メンバーにインタビュー »

SEカレッジ加入:参加

SEプラス社さんで企画されている「SEカレッジ」に加入しています。
期間は6ヶ月で、ほぼ毎週何らかのコンテンツが(オフラインで=会場にて)実施されています。

翔泳社さんからの出版物の著者であり・各研修機関や企業に招かれるような講師陣から、1コンテンツに付き、1日(半日)1回・3時間集中してではありますが、講義を受けられます。
(2011/03月までは試験運用期間ということで、同社のサイトを見ても広告はされていませんね...)

契約形態の詳細は触れませんが、「学習意欲が有って、散逸した予備知識やベースは有るんだけど、経験不足・或いは頭の中に系統立てて知識が整理できていない」人には絶対おススメ!
...と判断して、社内調整して加入する事に決めました。

逆に、「殆ど知らないんだけど、ゼロから教えてくれるんなら行こうかな」という人には不向き。
たった3時間・1回で「積上げる」事は無理です。
知識に大まかな筋道をつける、今後の学習の方向性を(妥当な方向に)絞る、今後への課題のヒントを得るには、とても良いと思います。

技術者のみならず、営業サイドからも参加してもらってますが、反応は概ね好評です(参加後は、社内的にも満足度(100点満点)調査、感想、得られたナレッジなどのレポートを簡略にまとめてもらってます)。

特に評価の良い講師の方が別コースも担当されている場合は、要チェックですしね。

どんなところで、どんなコンテンツが実施されているのか?
私自身も知らなければ無責任には勧められない(社内的であるとは言え)、という事で、先日「クラウドか、スクラッチか」(大石宏一講師)というセッションに参加させてもらいました。

短い時間の中でディスカッション等も組み入れられていて、密度濃いです!
講師の方に強く依存しそうですが、如何に3時間という枠の中に高密度に集約させるか?(実際のところ、割り切りも必要でしょう)、苦労されている様子が見て取れます。

アスペアからは私以外に2名参加していましたが、それぞれに得るものが有ったようで良かったですね。

今後、社内で横展開も出来て行ければと思っています(定例会予定の中にコンテンツとして組み込んでます)。

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

|

« お仕事:ナレッジには時間が必要 | トップページ | お仕事:メンバーにインタビュー »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

SEカレッジのWebサイトはまだまだな感じが否めません。※この点は私からSEプラス社に大幅な改善提案をしています。(^-^)
以前は15時~18時しか開催していませんでしたが、18時半~21時半の時間帯も開催するようになり、仕事帰りに受講していただけるようにもなりました。
ハンズオンに関しましては3時間という短い時間なので、なかなか難しいのですが、みなさんの意見を取り入れながら今後もよくしていこうと思います。
また、ぜひお会いできますことを楽しみにしております。

投稿: 大石宏一 | 2012年8月 9日 (木) 09時37分

コメント書込み、有難う御座います!!

その節は本当にお世話になりました!
テンポ良く凝縮された内容は、とても参考になりました。有難う御座いました!

SEカレッジですが、一般公開されたんですね。
当時は試験運用という事で、SEplusのWebサイトを見ても(会員ログインしない限りは)何処にも掲載されていなかったと記憶していますが...。
2011年度後半以降は、残念ながら魅力を感じるコースが見当たらず、社内でも参加者率が激減してしまったので終了したままです。

改めて2012年度コース設定を見ましたが、幾つか面白そうなコース(特にハンズオン)が加わってますね。
改めて検討してみたいと思います。
再びお世話になることになりましたら、その際は宜しくお願い致します!

投稿: あどみん | 2012年8月 9日 (木) 08時54分

私の名前が掲載されていたので、ご連絡させていただきました。
ご無沙汰しておりますと挨拶してよろしいでしょうか?(笑)
その後、SEカレッジには出席されていますか?
当時、SEカレッジは試験運用でしたが、多くの方に支えられ、今ではセミナーのタイトルによっては大盛況です。
私はというとSEカレッジで年間30講演ほど登壇していますので、ぜひまた機会があれば参加なさってください。

投稿: 大石宏一 | 2012年8月 8日 (水) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SEカレッジ加入:参加:

« お仕事:ナレッジには時間が必要 | トップページ | お仕事:メンバーにインタビュー »