« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の記事

定例会:Javaのinstrument機能

4/1(金)に、久し振りに定例会を行いました。
直前回が2/18(金)。

基本的には2週間に1回の間隔で実施していたんですが、「SEカレッジ」参加奨励の為に、一時的に4週間に1回の間隔に延ばしてました。
その最中に、例の震災です。

業務と並行した調整が難しく、参加人数が減りそうだったので、4/1まで伸ばす結果になりました...(別に「自粛」してた訳ではありません)。

アスペアの新年度は3月なので、新年度一発目の定例会。
社長から昨年度の実績報告と振り返り、新年度での方針と計画などが発表されました。

それと、技術面では「Javaにおけるinstrument機能とその応用」で小一時間。
Javaのソース・プログラムは独自のバイトコードにコンパイルされ、各マシン・OS向けに作成・移植された仮想マシン(VM)の上で解釈・実行されます。

そのバイトコードとVMとの間にインターセプトすることが出来るんですね。
バイトコードの読取り、置き換え、追加などが出来る。
これを活用してDIが実現されていたり、ランタイム時に様々な芸当が可能になるって訳です。
へー!?、凄い。Pict2375 Pict2376

Javaオリジナル・唯一の機能という訳ではありませんが、実プロジェクト内でこれを活用した例、関連した調査で分かった事など、オリジナルのサンプルコードを使ってデモしてくれました。

参加者とのやり取りの中で疑問に感じた点なども、プロジェクターで映したPC画面(Eclipse)上で、サンプルコードを変更・実行しながら結果を確かめます。
華やかなGUI画面が展開するわけじゃありませんが、技術的にとても興味深い。
目の前でプロセスを含めて共有できるってのは、分かり易い!

う~ん、やっぱりデモは強力です!
有用な内容は、インパクトを持って伝えられるべきですね。

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事:睡眠を蝕む様々な要因

アスペアの年度は2月決算なので、3月に入ってから年度末(終了後)の考課面談を行ってます。
震災の影響で移動手段が不安定になったことと、業務のスケジュールが変更されたり、一時的に稼動が密になったりしていたので、考課面談の期間を1週間延ばしていました。

殆どのメンバーとの面談を終了しましたが、何人かが睡眠の不調を訴えてます。
東北大地震の余震に敏感になってしまい、深夜でも眼が覚めてしまう者。
深夜や早朝に、原発の状況などが気になってテレビを点け続けてしまう者。

被災地の方々とは背景状況は比べるべくも無いのですが、気持ちは理解できます...。

季節的にはスギ花粉がピークを迎えてますね。
今春、花粉症デビューをしてしまったメンバーもいました。

劇症の者は鼻呼吸が出来ず、眠るのにも不自由な状態のようで。
夜中にクシャミが出て目を覚ます者もいるようです。
こうなると、日中の作業効率・精度にも支障が出兼ねないですね。

花粉症での日本国内の経済損失額の試算値ってのを、どこかで見たような気がします。
医療・医薬系の業界にとっては、ある意味「稼ぎ時」なのでしょうが...。

業務的に難易度の高い現場、障害解析やパフォーマンスチューニングなど、高度な集中力と洞察・思考力を必要とする現場では、特に影響が無視出来ないだろうと思います。

事前の対策や対処が出来る部分に対しては、出来る限りの事をやっていくしか方法がありません。

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »