« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の記事

お仕事:Redmineでスキル管理

「管理」と名付けてしまうと、どうにも「管理する側・される側」みたいな威圧感と言うか、硬直感と言うか、感じるのでイヤなんですが...
どうも適切な言葉を知らないので困ります。

アスペアの中では、ITSS(http://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/itss1.html)をベースにカスタマイズ(&可能な限りシンプル化)したスキル体系を定義し、各人の年次の目標設定とか、人事考課にも使っています。

「(適切な)目標」は大切ですよね!?
漫然と毎日を過ごしてしまうと、あっという間に数年が過ぎてしまいます。
「がむしゃら」な時期も必要だとは思いますが、「進みたい方向」やイメージは持っていないと、成長速度や到達レベルに大きな差が出ます!

ただ、個人・個人がプライベートな基準で動いているのでは、組織に属している意味が半減です(勿体無い!)。
その点でも、共有可能な「スキル体系」は意味が有ると考えてます。

しかし、「体系」として集約されている分、どうしても全体としての範囲が広くなっちゃいます(シンプル化するにも、現実的な有効性を保つ上での限度がありますから)。

結果として、「俺は・私は、現在何処にいて(何が出来て)、何を目標に据えれば良いのか?」がボヤケてしまいます。

作業を行う場所やマシンが変ったりもするので、「体系や実績情報」のファイルでの取り回しは現実的じゃない。 絶対に停滞します...。

と、その時、「Redmineで運用したら、どないじゃ!?」との声が!

うん、なるほど!!

勿論、単なる思い付きではなく、技術面やマネージメント面でも経験値の高い【Sat】さんからの提案。
事前検証の段階でも「なるほど」と感じることが出来ました。
(これから旨く回せるかどうかは大きな課題ですが)

マネージメントを行うメンバー各位との調整は勿論の事、既存の社員専用サイトとのリンクも考慮しながら、チケットの試験的な発行を始めました。

みんなが幸せになる為の、より良い1年を過ごすのに役に立てればと思います。
(言うまでも無く、会社としての実績向上とリンクさせてこそ、ですが)

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定例会(2011/06/22)

6/22は定例会でした。
恒例コンテンツの「IT-Tips」(又は5分間スピーチ:毎回2名)で、今回は【Jin】さんから。
今回は「暗号について」。Pict2383

前回担当してくれたときは「論理トレーニングのススメ」。
渋いフォーカシングですが、基礎からしっかり見直して整然とプレゼンしてくれるので、毎回・社内評価が高いんです。

10分という(あくまで原則ですが)時間枠があるので「みっちり」詰込むわけではなく、勿論・社内の(エンジニアを中心とした)メンバーが対象ですから、要点を押さえて、なおかつ面白く、と、結構ハードルが高い。

定例会の最後の振返りでも、「【Jin】さんのTips良かった!」の評価発言がありましたし、異論の無いところです。

プレゼンに使った資料は社員専用サイトにアップしてもらい、出席できなかった人にも見てもらえます。

ただ、裏話として、実は定例会の2日前に自分の担当であることに気付いたらしい...。
慌ててネタを考え・資料をまとめたそうで。
当日、風邪声だった【Jin】さん、結果オーライです!
ご苦労様でした!
今後の順番の人にも、良い刺激になると思います。

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人 ver.2011 !

5月下旬から、業務未経験の新人さんが3人入っています。
余り細かな事情まで書くことも無いかとは思いますが、紹介予定派遣などの試用期間として、先ずは3ヶ月、頑張ってもらってます。

営業状況や中期戦略上の判断などから、急遽採用となりました!
ので、誰がどうやって教育するんだ??
...から、泥縄式に、いや、迅速に教育計画と体制を組み上げました。

と言うか、元々トレーニング(する側)に関心の高い、塾講師の経験のある若手メンバーが、「実業務を調整しながら時間を割いて対応する!」と志願してくれました。
(【Hos】くん、ありがとー!!)
社内にいるメンバーが対面でのサポートはしますが、トレーナー本人は殆ど客先に常駐しています。

ので、今までに利用したことの無い e-ラーニング(急遽、新規に人数分の契約をした)を併用しつつ、RedmineやSkypeチャット、メール、社員用サイトや電話など、サポート内容に応じたメディアを選択利用して対応してます。

研修内容や進捗はRedmineで管理しているので、私から見た場合はpush型(メール)で情報が共有されるし、pull型としてはRedmineを見れば履歴・実績・今後の計画などを見ることもできます。
(ガントチャートなどで視覚的にも確認できるし...)

新人達にもRedmineの最低限の考え方・メリット・ガイドライン、使い方をレクチャーしてあるので、「プロジェクトの作法」の重要な部分が身に付くかと期待してます。
実施内容の見直し・振返りの確度や効率を上げるのにも役立ちますし。

また、この新人研修プロジェクト(on Redmine)は全社員で共有されており、日報も社員専用サイトに上げてもらってます(デイリーで振返り(新人同士で短時間集中)を実施)ので、全員からコメントが出せます。
(コメント自体も共有されます)

さてさて、未経験から「Webシステムの開発技術者になる」ってのは結構大変だとは思いますが、しっかりと歩みを進めてもらえればと願って止みません。
(休むときは、しっかり休んでね。メリハリ付けないと)

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »