« 定例会:ハッピーバースデイ(2011/07) | トップページ | お仕事:勝手に強奪! »

定例会:2011-07-22

7/22(金)-17:00から全社定例会でした。

幾つかの予定コンテンツは有りますが、今回の中で「最も時間を要する」と事前に想定されたのが、「新人研修の擬似開発・発表」です。

研修中の未経験新人は(ほぼ新人、を含めて)3名。
同一の仕様設定で、3名各々が小さなWebアプリケーションを開発し、各人から発表してもらいます(勿論、重複部分の説明は流す形にはなりますが)。

環境・技術要素の前提は、Java言語、Tomcat、Eclipse、MySQLで、Servlet&JSPが必須。
比較的進捗の早めの1名が、Struts1.3ベースでの構築となってます。

1名15分、という初期想定でしたが、質疑で長くなる事が容易に予測できたので、最後の方に30分のバッファ的なコンテンツを予定しときました。
(結果、案の定、バッファを食い潰した上に、更に定例会の終了予定時刻(19:00)を大きく超えてしまいましたが...)

ナマナマしい事を言うと、新人達がこれからアスペアでやっていけるのか?
「先輩社員達から判断される場」となる訳です。
(「質疑」と言うのは、そういった視点でやりとりするものです)
(どの程度理解して成果物を形にしているか?、開発の苦労の過程でどう行動し、何を感じたか?など...)

試用期間の3ヶ月終了までには、未だ幾分かの時間はありますが、
新人達にとっては、(多少なりとも)人生上の1つの分岐点になると思います。

先輩社員達にとっても、会社単位としても、重要な判断の機会となります。

Pict2399 Pict2400 そもそもプレゼンの機会さえ、今までに経験が無かった様子。
そこで、出来立ての擬似開発成果物をデモし、説明する。 質疑に対応する(これが一番大変で、本人達には展開が予測不可能なはず)。
みんな緊張してます。
当然です。

結果を言ってしまえば、3名とも成果物は思った以上に仕上がってました。
ミニマムな仕様とは言え、短期間でIT系基礎知識から、Java言語、環境系、ツール系のTips、と積上げて来て、提示通りの仕様(ユースケース少数と画面構成・入力規則などのみを提示)で動作させてくれました。

画面デザインまでは敢えて指定しなかった(意図的に)ので、簡易な画面とは言え、見た目も各人各様。
明文化していなかった詳細部分での仕様補完も有ったり、そういった面で個性が現れたのは良い発見だったと思います。

Pict2401 プレゼン・質疑が終わり、定例会も終わってホッとする面々。
いろいろと課題も新たになりましたが、先ずは「生き返った」感じかも知れませんね。
お疲れ様でした!

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

|

« 定例会:ハッピーバースデイ(2011/07) | トップページ | お仕事:勝手に強奪! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定例会:2011-07-22:

« 定例会:ハッピーバースデイ(2011/07) | トップページ | お仕事:勝手に強奪! »