« 定例会:2011-08-12:マルチタッチ特許 | トップページ | 勉強会?:ライトニングトークでスタート »

定例会から:新人君がSeasar2を概説!

定例会のレギュラーコンテンツの中に、「IT-Tips」ってのが有ります。

話題の対象は、実は全然絞っていなくて、ソフトウェア技術でなくっても、市場動向の話とか、コミュニケーション系とか、事業企画系の話、何でもOKなんです。

で、8/12(金) では、新人の【Ike】君。Pict2405
順番が回ってくると予想していなかったらしく、準備に自信が無い状態。
う~ん、「全社」定例会とは言え、欠席者もいるんだから、「次回実施の可能性がある人」リストに自分の名前が(社員専用Webサイトに)載ってたら、覚悟を決めとかないといかんよ!

と言うわけで、「Seasar2の概要紹介」。
おお~~っ!?、新人として入社後3ヶ月経ってないぞ?
仮想プロジェクトとして、動作するWebアプリを構築した後に勉強していたはずなんだが、早くないかい?

それと、え~~?!、10分で概説出来るんかい?
プロジェクター点けて、Eclipse起動しとるぞ!
でも、うん、デモベースで「動くモノを見せる!」ってのは大切な事だ!
素晴らしい!!
Eclipseでライブにコードを書換えながら、その有効性の一端を示すってのも、スタンダードだが模範的だと思うぞ!

だけど、さすがに準備不足で実行するのは辛かったか...。
でも、良くチャレンジした!  【Ike】君エライ!

多少間違ったり迷ったりも、プロジェクターでリアルタイムに全部写ってる。
アスペアは「全員がJava OK」なんですが、個別のフレームワークとなると経験の有無や、触れたタイミング/バージョンが異なったりします。

ライブにコードを書きながらビルドして実行、ってのは(内容的には初歩的なものだとしても)、決して「新人さん自身の為だけのお勉強」効果ではなく、結構皆で楽しめるコンテンツですね。

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

|

« 定例会:2011-08-12:マルチタッチ特許 | トップページ | 勉強会?:ライトニングトークでスタート »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定例会から:新人君がSeasar2を概説!:

« 定例会:2011-08-12:マルチタッチ特許 | トップページ | 勉強会?:ライトニングトークでスタート »