« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

雑記:enchant.jsでAndroidアプリ

前回の全社定例会(1/6)から、次回定例会(2/3)までの間に、「enchant.js社内コンペ(第1回?)」を行ってます(前回の記事に書きましたけど)。

【Yam】さんから、ただenchant.jsを使っただけでなく、Android対応の「壷押」が Android Market で公開されました!
https://market.android.com/details?id=com.kumatama.android.monacatest

(これは、多分、社内コンペとは関係なしに開発&リリースされたでしょうけど。nend(nend:http://nend.net/)も込みにした「検証用アプリ」との位置付けですね)

iOS対応アプリの開発の方が得意な【Yam】さん、monaca(http://monaca.mobi/)を活用して、一気にAndroidアプリにも参戦と相成りました。

主な部分は1日で出来てしまったそうです。

社内サイト上では、ソースコードや、開発上の様々なナレッジ(それ以前のつまづきを含めて)を公開してます。

相変わらず【Yam】さん、凄いっ!
アクション早いっ!

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定例会:2012-01-06:enchant.jsハンズオン!

新年早々の全社定例会で、enchant.js 勉強会:ハンズオン!をやりました。

昨年末に4名が公開ワークショップに参加してきた、&その前後で社内的にも盛り上がり始めていたので、いっそのこと全社員で一緒にハンズオンして、一定レベルまで共有しちゃおう!
自分で触って作れるところまで行っちゃえ!
...と思い至ったわけです。

で、当日。Pict2457 Pict2459 Pict2461
Pict2462公開ワークショップに参加したメンバーの1人にサンプルを用意してもらい、社内向けWebサイトでサンプルコードを共有、
仮運用中の http://mamakari.yier.in/ を利用させて頂き、ハンズオン実施。

(ちなみに、サンプルコード&解説は、【Tok】さんが正月返上で?(小さなお子さんの襲撃を避けつつ)用意してくれました。有難う御座いますっ!)

最初に概要説明と、PC&プロジェクターを使って簡単実演。
あとは皆で触ってカスタマイズしてみよう!
Let's enchant.js !!

クマに向けてミサイル発射:加速しながら飛んでいく、クマに当たると爆発する!
次々に降って来るクマを避けて歩く、迷走クマ?
キャラがステージから外に出てしまう、スピード早過ぎてゲーム出来ない!とか
「悔しい」、「はまった!」
拍手、「おお!?・おーっ!!」、「素敵!」
ペアプロ(トリオプロ?)状態や、他メンバーの具合を見つつ様々な歓声・悲鳴?が飛び交います。

当初はタイムテーブル上に60分を設定してましたが、75分経ってもヒートアップ状態。
どうする?、終わらないよ、これ?!

とりあえず定例会としては一旦終了としました。

最後の定例会:振り返り(KPT)で、「enchant.jsでコンペやったら?」という提案を受けて、早速社内コンペすることに決めました!

と言っても、ゲーム自体を企画・開発する経験値が高いわけじゃありませんから、先ずは皆で楽しく競い合えれば、と思います。

意外な「ひょうたんからコマ」が出れば、それはそれで素晴らしいですが。

「仕様は勿論、要求自体を自分で決めて、さっさと動かしてしまう」事のワクワク感を、参加するメンバーが少しでも体感できれば良いと願ってます。

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記:「デザイン」とは?

筆者が個人的にアクセスし易い所に、東京工芸大学があります。
http://www.t-kougei.ac.jp/arts/index.html

春と秋に無料の公開講座をやっている(芸術学部)んですが、今回初めて参加してみました。
2011秋シリーズの、全4回中の3回に出席、毎回土曜日の13:30~15:30です。

最終回が11/26で、「デザインにおける工学的手法と感性的実践」と硬いタイトル。
講師は「高梨 令」氏。
千葉大・工学部のご出身ですが、ガンダム(GFF)の原型師の経歴も持つ(現在は同大学の講師でもある)。
画像化・放映はされていない機体、ガンダムTypeⅢの原型を担当したそうです。
http://tamashii.jp/item/item.php?eid=00890&pref=25

アニメの最初のスポンサーって、クローバーって会社だったんですね。
市場分析の各種手法の硬いお話(←でも、「可視化」のお話で結構面白かった!)から始まって、原型デザイン⇒製造に至るまでの様々な苦労や工夫・手法などのお話しが有って新鮮でした。

冒頭の「デザインの定義」の部分で、
「色や形を決めるのは手段であって目的ではない」、
「価値を生み出す・高めるために仕様を決めること」がデザインだ!、と仰った。

なるほど!
いやあ、私も漠然と前者(「色や形」の方)をイメージしてましたが、言われてみれば確かにそうです。

ITに於いても、「システム構築は手段であって目的ではない」のと一緒ですね。

また、「形にする」⇒「改善する」を、かなりの回数繰返すことろは、IT業界でのアジャイルにも似た要素を感じました。
(GFFは趣味性の高いものですが、対象とする市場、見込む収益、予算と納期などの様々な前提・制約があることに変わりはありません)

参加者は比較的高齢の方が多かったんですが、セミナー終了後に、公演台の前に置かれたGFFの実物を見にわらわらと集まってきて、
「へー、幾らくらいするんでしょうねえ?」とか、まったりした呟きと演目のギャップも面白かったですね。

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記:『enchant.js』入門ワークショップへGo!

2012年、明けました!
この記事を読んで戴いている方、有難うございます!!

はてさて、昨年末はバタバタして全くブログを更新できていませんでした。
昨年の事になってしまいますが、ぼちぼち書かせて戴きます。

『enchant.js』入門ワークショップ(12/19)
http://www.pasonatech.co.jp/event/index.jsp?no=3317&key=ecaf
有志が業務後に集まって、全部で100名の枠の中、4人が参加してきました(登録は6人だったんですが、直前に業務都合で2人がキャンセル)。

ちなみに、すんなり参加登録できたのは最初の1人のみ。
他は全員、キャンセル待ちで出席枠を得られました。
うん、とりあえず良かった良かった。

10/21に【Yam】さんが参加した「enchant.js meetup!」が起点となって、わらわらと関心が高まり集った形です。
http://atnd.org/events/20675
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20111022006/

講師の伏見遼平さん(20歳!)を中心に、こんな流れだったそうです。

※enchant.jsの概要の説明、enchant.jsを作った会社、組織の説明、
  ↓
※その後実際に簡単にenchant.jsでのゲームの作り方の説明、
  ↓
※ハンズオン(開発:適時質問受付)
  ↓
※作ったゲームの発表
  ↓
※スイーツタイム(懇談)

ちなみに、こちら[↓]のサイトで、3分動画ベースで入門・学習できますね。
http://dotinstall.com/

HTML5、JavaScriptで、インタラクティブにゲームが作れちゃう!
あーだこーだ言わず、とにかく動くモノを作りながら進めてみよう!、っていうアプローチ/シーンは、大いに「アリ」ですよね!!

ご支援、宜しくお願いします!←ポチッ!とブログランキング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »