« 5月のハッピーバースデイ! | トップページ | 技術情報、ポチポチ追加してます。 »

今、改めて「電脳コイル」は面白い!

AR(拡張現実)アプリケーションを開発中の山内さんからの話題(社内Webサイト)。

そもそも、タイトルの「電脳コイル」、ご存知でしょうか??

2007年にNHKで半年強の間(全26話)放映していたアニメーションですが、正に進化形のARを設定上の前提としてます。
http://www3.nhk.or.jp/anime/coil/

現実の視界に「電子的な画像を重ね合わせる」だけでなく、現実の画像(物体)も全て電子データ化され、処理されます。
電脳メガネを介して見た世界の中では、拡張現実の中での相互作用で、自身が変形やダメージを受けたりする(そう見えるだけですが)というもの。
(ちなみに、視覚以外の感覚作用は「音」限定みたいです)

実現するには、技術的にもかなり高度な要素が多数必要になりそうです。
その辺の技術要素・仕様を想像するのも楽しいんですが、やはり設定された世界が面白い!

・拡張空間は個々の端末で勝手に作られるのではなく、共有される。
  ・つまり、電脳メガネをかけた人同士で同じ結果を見ることになります。
・空間を管理・監視するための公的機関が存在する(=公務員!)。
  ・「空間管理室」って呼ばれてますね。
・現実空間を電子データ化する段階で、データ(フォーマット?)のバージョンが存在する。
  ・電子データなので「バグ」も存在する。バグも可視化される。
  ・非合法だが、人為的に空間にバグを起こさせることも出来る。
  ・「違法電脳体駆除ソフト」の「サッチー」なるものがあり、これも可視化される。
・電子データ化されていない、或いは極端にバージョンが古い空間が存在する。
・現実で言う「駄菓子屋」に相当する、「メガシ屋」なるものが実在する。
  ・非合法の電脳グッズを売っていて、当然、通販もOK!
  ・ちなみに、店主は「メガばあ」と呼ばれる婆さん。
・その他諸々.....

私、リアル放映時にも録画して見てました!
いい歳した大人が、毎週、次の回を本当に楽しみにしてましたね!!

設定としてハイテクを前提としていても、ストーリーはとても人間臭い(良い意味で)もので、幽玄ささえ感じさせるものでした。

楽しみ方は様々ですが、いろいろな視点で楽しめる作品だと思います。

あ、2012年になってから、ブラウザゲーム化されてますね。
http://www.gameon.co.jp/service/browser/index.asp

ARソフトを作る上で、1つの目標とされているという話も頷けます。

ご支援、宜しくお願いします!←クリックだけでブログランキングにご協力頂けます!!m(_ _)m

|

« 5月のハッピーバースデイ! | トップページ | 技術情報、ポチポチ追加してます。 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今、改めて「電脳コイル」は面白い!:

« 5月のハッピーバースデイ! | トップページ | 技術情報、ポチポチ追加してます。 »