« 社外研修:サンプルで学ぶネゴシエーション | トップページ | アプリより下層の迷宮!? »

「仕様伝達ゲーム」で盛上がりっ!

昨年末ごろの事になりますが、2012/11/04の終日をかけて、「POStudy Conference 2012(スクラムプロダクトオーナー勉強会)」が開かれました。
http://alpha.mixi.co.jp/2012/11260/

私自身が2011年に「Scrum Gathering Tokyo 2011 Day2」(http://www.scrumgatheringtokyo.org/sgt2011/index.php?id=3)に参加したことがあり、「すくすくスクラム」のメーリングリストから、上記開催の案内通知を戴きました。

これを社内展開したところ、山内さんが自主参加してくれた事に関しては、以前に書きました。
http://aspire.way-nifty.com/majime/2012/12/postudy-in-2012.html

20130208182523 で、発表の後、定例会での振り返りで「一部でも良いから体験してみたい!」という意見が続々。
何とかならないものかなー.....と考えていましたが、この度、「仕様伝達ゲーム」を実施することが出来ました!(山内さん、有難うっっっ!!)

「仕様伝達ゲーム」の内容に関しては、最初に挙げさせて頂いたURLに簡単な記載が有りますが、自社内で行う場合には(人数も限られてますので)空間的な移動が可能になります。

20130208183004 Pict2542 完成目標の図を会議室の壁に貼り、仕様の伝達を受けて図を再現するメンバーは執務室に(チーム毎に多少の距離を置いて)。

全体を2チームに分けて、更にチーム内で「仕様作成側」と「再現側」の担当サブチームに分かれます。

Pict2539 Pict2540 仕様作成チームのメンバーがバタバタと行ったり来たりを繰り返しますが、基本的に「発言・会話をしてはいけない!」ルールなので、「バタついてるけど割と静か」という、微妙な、しかし緊張感と焦りに包まれます。

ゲーム自体は15分間で行いましたが、「仕様自体がマズイ?、再現できていない(再現側サブチーム内で合意が出来ない)」などで、制限時間ギリギリの仕上がりだったりします。

20130208184702 20130208185125 最後に全員集合して、再現結果を前に貼り出します。

「あれー?何だよ」「あー、そーゆーこと!?」、色々な発言が交錯します。

途中段階で作成した「仕様書」をチーム間で交換して、相互に自チームの仕様のポイント概説をしたり、コメントし合ったりもしました。

「リベンジっ!、もう1回やろうっ!!」の声も。
申訳ない、定例会のタイムテーブルの時間オーバーです...。

って言うか、実は同日の定例会参加者が結構少なめだったんです。

で、気を利かせたメンバーが、IRC(チャットツール)を使い、可能なタイミングで要点とか雰囲気を自主的に流してくれていました。
帰社できなかったメンバー達から、「参加したい!」、「次回定例会で是非!」とか、ネットの向こう側でも盛り上がってしまいました。

次回定例会では、主にスクラムで行われることが多い「プランニング・ポーカー」ワークショップを行う予定です。
これに殆どの時間を割当てる予定なので、「仕様伝達ゲーム(パート2)」は、次々回の定例会での実施かな?

やっぱり、折角メンバーが物理的に一ヶ所に集まれる機会なので、ワークショップ形式はインパクトも価値も高いなあと、改めて感じる機会でした。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« 社外研修:サンプルで学ぶネゴシエーション | トップページ | アプリより下層の迷宮!? »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仕様伝達ゲーム」で盛上がりっ!:

« 社外研修:サンプルで学ぶネゴシエーション | トップページ | アプリより下層の迷宮!? »